2015年

1/2ページ
  • 2015.12.22

不動産向け融資と金融行政1

人気ブログランキングへ  この1ヶ月間、不動産向け融資に行き過ぎを懸念する金融行政についてのニュースが不動産投資業界で話題となりました。今回、通信社から配信されて広く行き渡った3記事を見てみましょう。  まず、2015年11月28日に時事通信から「不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化」として出された記事です。  金融機関の不動産業向け融資が高水準で推移している。国内銀行の2014年 […]

  • 2015.10.30

二重課税とは-登録免許税・不動産取得税と法人税との関係において-

人気ブログランキングへ  身内に不幸があり更新が遅くなりました。  きつたか様からコメントを頂戴しました。 二重課税の使い方が誤っています。 二重課税は以下のような際に使います。 会社の利益に対して法人税を取られ、取られた後の利益を配当した際に所得税を取られる。 外国子会社の利益に対して、現地で法人税を取られ、取られた後に日本の親会社に配当した際に、日本の法人税を取られる。 二重課税とは、ある利益 […]

  • 2015.10.22

メールマガジン配信記事一覧

人気ブログランキングへ  過去1ヶ月間にまぐまぐから発行したメールマガジンのバックナンバーを整理しました。 ・9月23日夜「長期火災保険を分割払いできることをご存知ですか」 http://archives.mag2.com/0000279415/20150923173838000.html ・9月24日「建物売却時に解約してはいけない「お宝保険」(前半)-売却益を増やすための火災保険活用戦略と既存 […]

  • 2015.10.21

銀行員に「そういうことでしたら資産計上して下さい」と言われた話

人気ブログランキングへ    話を先月に戻します。  決算書の販売費・一般管理費の内訳においては、固定資産税も不動産取得税・登録免許税も一緒の「租税公課」科目に入れる会社が多いことでしょう。このまま財務分析をすると、不動産取得税・登録免許税も含めてその年の租税公課の金額がその後毎年かかるものとして、銀行のコンピュータ計算されてしまいます。しかし、実際にそうではありません。会計上の特別損失ではありま […]

  • 2015.10.01

土砂崩れに対応できる保険の種類は何か

人気ブログランキングへ  本日から木造アパートの火災保険料を首都圏等一部地域で値下げする保険会社があることから、月が変わるのを待って保険切り替えをする方がいらっしゃるだろうと思います。私は昨日までは36年契約を沢山締結することに追われてましたが、今日は、既存木造アパートの保険契約の切替の検討しています。  そこで、番外編として、火災保険上の事故の種類とそお補償についての記事を書きたいと思います。 […]

  • 2015.09.30

付けるべき特約を考える(火災保険について)

人気ブログランキングへ  明日から火災保険の諸変更があること伴い、今夜は損保代理店に行き契約するご予定の方が多いだろうと思います。  そこで、番外編として、火災保険の特約についての記事を書きたいと思います。   私が利用している特約のうち3つを挙げて簡単に説明します。 ・災害時諸費用保険金補償対象外特約  これは縮小の特約です。火災保険金が支払われると自動的に保険金額の1-3割程度の諸費用保険金が […]

  • 2015.09.23

まぐまぐのメールマガジンが届かない

人気ブログランキングへ  話は変わります。今月19日から今朝まで毎日まぐまぐのメールマガジン「石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―」を配信しています。問題は2-3年前から生じていたのですが、特にここ数カ月、まぐまぐのメールマガジンが届かないという事象が、顕著になっているようです。  とりわけ、yahoo mailとGmailは迷惑メー […]

  • 2015.09.20

銀行員のために作る決算書と個別注記表

人気ブログランキングへ  税理士の中には税務申告のために決算書を作ると考える者が少なくありません。しかし、私たち経営者は税務署のためではなく、株主や債権者等利害関係者のために決算書を作ります。財務会計のテキストでも、その目的を株主や債権者等利害関係者のためとされており、税務署や国税庁のためとは全く書かれていません。  私が経営している会社は株主が私だけのいわゆる一人会社です。そして、役員等経営陣も […]

  • 2015.09.19

登録免許税と不動産取得税を一括損金にしながら融資を受け続けるには

人気ブログランキングへ  私の資産管理会社の2年目は資金調達に大変苦労しました。その理由は、1年目に支出した巨額な登録免許税と不動産取得税が売上を圧迫し、赤字決算となったためです。それはいわゆる「創業赤字」と言うべき一過性の赤字だったのですが、決算書の表面のみで財務分析をすると、赤字は赤字です。そのせいで資本金がかなり食われてしまい、純資産が乏しくなってしまいました。一方で数億円の借入金がありまし […]

  • 2015.07.12

融資を意識した登録免許税と不動産取得税の会計と税務

人気ブログランキングへ     登録免許税は不動産購入時等の登記申請に必要な税金です。不動産取得税は所有権移転登記が完了して数ヵ月後に、都道府県から課税される税金です。これらは、不動産賃貸業者のみならず、売買業(宅建業者)やマイホーム購入者からも、嫌がられる存在です。税金を払うのは誰もが嫌なものでしょうが、これら税金は、金額が高額になりがちなことと、不動産購入時の融資に含めて借りられないことが多く […]