2011年3月

1/3ページ
  • 2011.03.31

旧ライフ住宅ローン(住信L&F)から借り換えることの利点

 金利が下がることが第一ですが、この会社は違約金2%を取ります。ですから、仮に金利が1%下がっても違約金を回収するのに約2年かかる計算になり、他の経費を考えると、3年位しないと金銭的メリットが出ません。3年以内に売却することになれば、結果的に損をすることになります。今回、D地銀が借り換え引き受けの審査に通してくれましたが、金銭面ではさほど得しません。A地銀は2%未満の金利なので、そこまで下がれば1 […]

  • 2011.03.30

オーバーローン実現! 明日三井住友銀行と契約

 脱線しますが、まぐまぐのメールマガジンに書いたら非常に反響が大きかった信用保証協会付き融資について簡単に述べたいと思います。  明日、三井住友銀行と契約です。アパートローンは中古物件の新規融資をほとんどしなくなり、地主の新築資金と、他行アパートローンの借り換え資金の融資を中心にしているようですが、保証協会付きの融資ですと、比較的簡単に出してくれる感じです。今回、設備資金の申込をしたところ、申込額 […]

  • 2011.03.30

旧ライフ住宅ローン(住信L&F)借り換えをどのように行うか

 私の場合連帯保証人がいないので、個人名義で借りるとなると、団体信用生命保険を利用することになり、その場合、大抵の銀行は1億円までです。団信枠が多いのがD地銀であり、D地銀は地銀団信1億円の他に、生命保険会社と直接契約している枠が2億円あり、計3億円まで団信を付けれられるのです。連帯保証人付きで団信を使わずに借り換えられる方でしたら、既存の取引銀行にかなり低い金利で借り換えを引き受けてもらう方法が […]

  • 2011.03.29

旧ライフ住宅ローン(住信L&F)の借入金利を下げるには

 E社については非常に有名なので実名を書いてしまいます。E社とは旧ライフ住宅ローン(現在は住信不動産ローン&ファイナンス)です。  旧ライフ住宅ローンは金利を個別に下げてくれません。その代り、借り換えてもらって構わず、その後また貸します、という営業スタイルはのです。ですから、旧ライフ住宅ローンの借入金利を下げたければ、同社の役員とつながりがあるというような特殊な場合は別として、借り換えしかありませ […]

  • 2011.03.28

10年固定1.8%で借りた分は金利引き下げ交渉必要ありません

 ツイッターを本格的に始めました。  さて、そもそもこの位安い金利で借りれば、金利引き下げ交渉は必要ありません。保証協会の保証とリンクした都道府県や市区町村の制度融資を上手く使えば、こういう金利で借りられます。私は都銀で借りましたが、県内の地銀・信金でも同じ金利で可能です(他の都道府県になると若干金利は異なりますが、いずれも低利です)。途中解約の手数料・違約金・損害金もありません。  保証協会の保 […]

  • 2011.03.28

金利の引き下げに成功4

 人気ブログランキングのクリックありがとうございます。人気ブログランキング1位復活しました。  さて、次の利下げ話です。私の本のF地銀です。取引経緯は本を参照して下さい。  F地銀も第二地銀だったのですが、法人借入で団信が付かないのにB地銀よりも金利が高かったのです。当時の私は貸してもらえる金融機関が無い状態でしたので(経済情勢が変わり、A地銀もB地銀も不動産融資に消極的になってしまった)、高くて […]

  • 2011.03.26

金利の引き下げに成功3

 人気ブログランキングのクリックありがとうございます。人気ブログランキングのポイントが沢山上がりました。ご希望た高いようですので、連載いたします。  まずは、金利引き下げの基本的な話からします。元金均等返済の場合、毎月の元金は定額ですので、金利引き下げにより利息のみが下がります。元金均等返済の場合、以前の繰り上げ返済の記事で説明したことと関連しますが、毎月の返済額を減らす方法と、返済額は変えずに期 […]

  • 2011.03.24

金利の引き下げに成功2

 人気ブログランキングのクリックありがとうございます。1日で人気ブログランキングのポイントが沢山上がりました。被災者の受け入れよりも融資金利のほうにご関心がおありなようで、私を含め多くの投資家は大きな借金を抱えて不動産賃貸業を営んでいますので、自身の経営のほうが重要だというのは、もっともなことだと思います。田舎では初期費用ゼロの募集スタイルも一部では広がっているようですが、首都圏では普通に初期費用 […]

  • 2011.03.23

金利の引き下げに成功1

 震災関連の話を10日間ずっと続けていたら人気ブログランキングのポイントが下がってしまいましたので、がらっと話題を変えます。  ここ数か月で、いくつもの金融機関と金利引き下げ交渉をし、審査中の一つを除いて、交渉をもちかけたところとは全て交渉がまとまり、利下げが実行されました。  私の借入金残高は個人・法人合わせて約13億円なので、支払い利息額が膨大です。0.1%下がるだけで年間130万円の経費節減 […]

  • 2011.03.22

融資の話にしましょうか

 火災保険の話をしたら人気ブログランキングのポイントが下がりましたので、被災者受け入れの話は止めて、融資の話をしたいと思います。  東日本大震災は被災地が広く直接的に罹災した人が多いのに加えて、間接的な影響により経営状況が悪化している企業が増えていますよね。そのため、復興と経済再建のための融資制度ができてきました。不動産賃貸業でも使えます。こういう話題に関心のある方は、をクリックして下さい。

1 3