2009年10月

1/2ページ
  • 2009.10.30

積極姿勢の信金支店長との出会い

 来る12月6日、ライフシーク主催不動産投資セミナーにて、講師を務めさせて頂くことになりました。他の講師陣は、顔写真を公開している不動産業界の有名人ばかりです。先ほど主催者に問い合わせたところ、まだ定員まで少し余裕があるとのことでした。詳しくはこちらをご覧下さい。  さて、昨日の続きです。私は個人と法人で貸家業を営んでいるため、決算書を年に2回作らなければなりません。個人は当初自分でやったのですが […]

  • 2009.10.28

大型マンション購入

 法人設立のよく言われるメリットとしては、個人の所得が高い人にとっては、所得税率よりも法人税率のほうが低いということがあります。また、無職の家族を役員や従業員にして給料を払うことで、給与所得控除の分だけ節税になります。  しかし、私の場合には独身で連帯保証人がいなかったので、個人では融資を受けて不動産を買い進めることができず、その打開策が法人設立だったのです。2007年4月に法人を作ると、その2ヵ […]

  • 2009.10.27

法人で融資を受ける

 不動産投資とは不動産貸付事業です。事業性資金の融資を受けるには、創業支援融資制度を使う例外は別として、通常、事業実績が必要になります。事業を営んでいない人がいきなり融資を受けたいといっても、金融機関の門は固いです。特に、法人での融資は決算書が審査対象となりますので、業歴の浅い会社は融資を受け難いのです。  そんな中で個人向けの「アパートローン」は、事業性資金ではありながら、個人の土地有効活用や資 […]

  • 2009.10.23

一棟目のアパート購入2

 繰り返しになりますが、情報ビジネス界で有名な横山直広氏のセミナー映像無料提供は本日が締め切りです。  さて、昨日の続きです。ようやく契約できると思ったら、売主側の業者が境界の非明示を主張してきたのです。境界標が見つからないポイントがあり、そのまま引渡すというのです。  それまで区分所有マンション中心で買ってきた私は、その話を聞いた当初は、さほど重要なこととは思いませんでした。しかし、青木さんから […]

  • 2009.10.21

区分所有から戸建、そしてアパートへ

 2006年4月、A地銀から千万円の融資を受けました。審査に通った理由を昨日書きましたが、オーバーローンになったのは、評価の出る物件だったからです。それだけ安く買ったということです。安く買うことは非常に重要です。  この融資以降も、区分所有を買い増し、加えて、戸建も買いました。国民生活金融公庫から融資が出て自己資金が回収できたので、主としてその資金で買ったのです。A地銀に融資を申し込みましたが、1 […]

  • 2009.10.18

自己資金での購入から融資を使っての購入へ

 2005年12月、私は、15歳のときから10年以上かけて貯めたお金を使って、不動産投資を始めました。初めは区分所有マンションから入りました。年が明けてからも、区分所有マンションを買い進めました。しかし、所詮学生の貯金ですから高が知れています。そこで、金融機関から融資を受けられないか模索し始めました。  調べてみると、国民生活金融公庫(現在の日本政策金融公庫国民生活事業)が開業資金の融資をしている […]

  • 2009.10.16

証券投資から不動産投資へ

 「人気ブログランキング」のポイントが好調なので、このまま続けます。    私の証券投資は、15歳の時、投資信託がスタートでした。しかし、バブル崩壊で株価はどんどん下がり、投資信託の価格も値下がりして、元本を割っての償還となりました。それを経験していましたので、大学を卒業してから証券投資を本格的に始めるに際しては、相場が下がっても損をしない投資手法を模索していました。  そんな中で知ったのが「裁定 […]

  • 2009.10.15

投資資金を貯めるまで

 前回、収入を増やすにはどうするかという話をしました。情報ビジネスで成功している横山直広さんをご存知でしょうか。家が近く、去年、懇親会の後終電に間に合わず、タクシーで一緒に帰ってきました。7千円位かかりましたが、全額出して下さいました。そんな人の良い横山さんが、「初心者でも月100万円をネットで稼ぐ方法」というセミナー映像を無料公開しています。横山さんはインターネットビジネスの塾を運営しているので […]

  • 2009.10.13

低所得でも融資を受けて不動産投資をするには9

 学校を出ると奨学金がもらえなくなるので、自分で稼ぐ必要があります。給料は急には増えないでしょうから、自己資金を増やすには副業が良いのではないでしょうか。以前、川島和正氏のDVD教材を紹介しましたが、この教材の影響でメールマガジンを出す不動産投資家が増えたとおっしゃる方もいます。  そして、収入を増やす以外に重要なことは、支出を抑えることです。仕事にプラスになる支出は良いと思うのですが、娯楽の費用 […]

  • 2009.10.12

低所得でも融資を受けて不動産投資をするには8

 日本政策金融公庫は区分でも戸建でも融資してくれます。しかし、有担保融資の場合は所有権移転後の融資となるので、私の場合、まずは自己資金で区分を購入しました。  独身というのは連帯保証人になる妻子がいない半面生活費があまりかかりません。ゆえに貯蓄し易いという利点があります。また、学生という身分は仕事をする自由な時間がありますし、奨学金をもらったり借りたりできるので、お金を貯められます。  特に大学院 […]