税金

  • 2015.10.30

二重課税とは-登録免許税・不動産取得税と法人税との関係において-

人気ブログランキングへ  身内に不幸があり更新が遅くなりました。  きつたか様からコメントを頂戴しました。 二重課税の使い方が誤っています。 二重課税は以下のような際に使います。 会社の利益に対して法人税を取られ、取られた後の利益を配当した際に所得税を取られる。 外国子会社の利益に対して、現地で法人税を取られ、取られた後に日本の親会社に配当した際に、日本の法人税を取られる。 二重課税とは、ある利益 […]

  • 2015.10.21

銀行員に「そういうことでしたら資産計上して下さい」と言われた話

人気ブログランキングへ    話を先月に戻します。  決算書の販売費・一般管理費の内訳においては、固定資産税も不動産取得税・登録免許税も一緒の「租税公課」科目に入れる会社が多いことでしょう。このまま財務分析をすると、不動産取得税・登録免許税も含めてその年の租税公課の金額がその後毎年かかるものとして、銀行のコンピュータ計算されてしまいます。しかし、実際にそうではありません。会計上の特別損失ではありま […]

  • 2015.09.19

登録免許税と不動産取得税を一括損金にしながら融資を受け続けるには

人気ブログランキングへ  私の資産管理会社の2年目は資金調達に大変苦労しました。その理由は、1年目に支出した巨額な登録免許税と不動産取得税が売上を圧迫し、赤字決算となったためです。それはいわゆる「創業赤字」と言うべき一過性の赤字だったのですが、決算書の表面のみで財務分析をすると、赤字は赤字です。そのせいで資本金がかなり食われてしまい、純資産が乏しくなってしまいました。一方で数億円の借入金がありまし […]

  • 2015.07.12

融資を意識した登録免許税と不動産取得税の会計と税務

人気ブログランキングへ     登録免許税は不動産購入時等の登記申請に必要な税金です。不動産取得税は所有権移転登記が完了して数ヵ月後に、都道府県から課税される税金です。これらは、不動産賃貸業者のみならず、売買業(宅建業者)やマイホーム購入者からも、嫌がられる存在です。税金を払うのは誰もが嫌なものでしょうが、これら税金は、金額が高額になりがちなことと、不動産購入時の融資に含めて借りられないことが多く […]

  • 2015.07.12

融資を意識した決算対策

人気ブログランキングへ     久しぶりに融資の話に戻ります。  「決算対策」は多くの会社で行われることですが、それが意味することは、会社によって異なります。納税額を抑えたい会社は節税が決算対策になります。一方、銀行など債権者から良く評価されたいという会社は、利益や純資産額を増やしたり各種財務指標の数値を良くしたりすることが決算対策となります。また、納税資金を確保しなければならない会社にとっては資 […]

  • 2013.07.19

消費税専門税理士にNHKニュースが取材

人気ブログランキングへ   「保険の窓口」創業者による消費税不正還付事件の容疑者が起訴につき、ここ数日のニュース・新聞報道をまとめましたので末尾に転載します。消費税専門として有名な税理士さんの見解もあります。今後、「休眠会社利用スキーム」にも国税庁のメスが入るでしょう。  一方、消費税の脱税として国税庁に追徴課税されたとしても、それが刑事事件になるのとは別です。後者では、違法性を知って行った場合等 […]

  • 2013.07.18

消費税不正還付容疑で起訴

人気ブログランキングへ   昨日からニュース、新聞で報道されてた通り、「保険の窓口」創業者による消費税不正還付事件につき、容疑者が起訴されました。  この事件の背景には消費税法の問題点があります。まず、住宅の賃料が非課税なので建物消費税を払っても「課税売上にかかる仕入れ」にならず、消費税を払う一方で消費税を受け取れない、という仕組みです。そして、それはおかしいとする不動産業界人が不動産還付法を提唱 […]

  • 2013.07.06

消費税還付への国税庁と検察庁の対応 続報

人気ブログランキングへ   6月28日、29日に各新聞等で報道された、消費税還付をめぐる事件の記事です。  新聞記事等のうち事実の報道に著作権は無いので、新聞記事等を最後に転載します。  消費税還付の仕組みが分からない方も、記事の中に解説しているものがあるので、お分かり頂けるかと思います。報道によれば、かつて大流行した自動販売機設置ではなく、中古車販売等により消費税課税売上を作る手法とのことです。 […]

  • 2013.06.29

消費税不正還付指南容疑で逮捕<速報>

人気ブログランキングへ   自動販売機を置く等消費税課税売上を作って、消費税非課税売上であるアパート・マンション賃料収入に係る仕入れ(建物購入代金=消費税課税取引)の際に払った消費税を還付させるという手法が数年前に流行り、法改正が行われました。  それ以外の手法も含め、消費税還付についてそれが不正・脱税とされ刑事事件に至ったケースが、日経新聞掲載分だけで、ここ1年で5件ありました。  新聞記事のう […]

  • 2012.03.14

節税法

 沢山のコメントありがとうございます。複数のテーマでコメントを頂戴していますが、今回はそのうち、減価償却費を使った節税について私見を述べたいと思います。  一般に不動産投資では建物価格を高く取り計上して減価償却費をなるべく多く取る、という手法がいわば教科書的に伝えられています。私もしばしばこのことについて記事を書きました。しかし、これは保有期間中の税引き後キャッシュフローのことを言っており、投資全 […]