日記

1/92ページ
  • 2017.06.04

銀行融資は不動産担保以外へシフト

人気ブログランキングへ  ブログ読者の皆様、お久しぶりです。この頃情報発信はメールマガジン、ツイッター、フェイスブック(アカウントが必要です)を中心に行っています。  皆さまご存じのとおり多くの金融機関において不動産業やアパート経営者向け融資残高が多くなったことに伴い、融資姿勢に変化が生じています。「不動産案件への融資が難しくなった」という担当者もいます。  また、金融庁は数年前から、担保に依存し […]

  • 2016.04.08

石渡住宅サービス株式会社 企業情報ページ

人気ブログランキングへ  このページは、石渡浩の個人ページです。石渡住宅サービス株式会社の企業概要については、 http://www.fudosan-toshi.org をご覧下さい。 をクリックして次の記事掲載をお待ち下さい。 人気ブログランキングへ

  • 2015.12.22

不動産向け融資と金融行政1

人気ブログランキングへ  この1ヶ月間、不動産向け融資に行き過ぎを懸念する金融行政についてのニュースが不動産投資業界で話題となりました。今回、通信社から配信されて広く行き渡った3記事を見てみましょう。  まず、2015年11月28日に時事通信から「不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化」として出された記事です。  金融機関の不動産業向け融資が高水準で推移している。国内銀行の2014年 […]

  • 2015.10.22

メールマガジン配信記事一覧

人気ブログランキングへ  過去1ヶ月間にまぐまぐから発行したメールマガジンのバックナンバーを整理しました。 ・9月23日夜「長期火災保険を分割払いできることをご存知ですか」 http://archives.mag2.com/0000279415/20150923173838000.html ・9月24日「建物売却時に解約してはいけない「お宝保険」(前半)-売却益を増やすための火災保険活用戦略と既存 […]

  • 2014.06.17

自賠責保険の有効活用法 交通事故被害者による被害者のために自動車保険活用ガイド2

人気ブログランキングへ     コメントありがとうございます。保険会社は行政機関やNPOではなく株式会社です。私たちが不動産業を商売にしているのと同様に利益追求が目的です。ですから、私たちが仕事で売上を上げて経費を下げることを考えているのと同じように、保険会社は、保険料収入を上げて保険金支払いを下げて利益を増やそうとします。これはごく当然のことであり、また、その手段として弁護士が活用されていること […]

  • 2014.06.15

治療費支払いを打ち切られても加害者の保険で治療を続ける方法 交通事故被害者による被害者のために自動車保険活用ガイド1

人気ブログランキングへ     コメントありがとうございます。嫌がる方もいらっしゃるでしょうが、私は権利意識が強いので、請求権は行使します。例えば、事業で貸倒損失を計上したことがありません。全て回収してきました。賃貸住宅の入居者に家賃を請求することと、事故の加害者に損害賠償請求をすることとは、ほぼ同じ、と捉えています。もっとも、昨年の交通事故については、被害者(の保険会社)から出してもらったのは医 […]

  • 2014.02.22

アベノミクス時代の銀行融資と不動産投資

人気ブログランキングへ   今日は16時45分から新橋・汐留で、ホームズ不動産投資フェアに出演します。主催者はホームズ運営会社のネクスト様です。  このイベントはホームズを利用している不動産会社さんが費用を出して出店する形体で、セミナーの多くは不動産会社さんが講師を手配します。自社の社長さんだったり提携先の専門家だったり。そういう中で、「招待講師」というのがありまして、テレビに出てくる評論家の方と […]

  • 2014.02.11

積算評価額概算目安が分かる収益不動産検索システムを作ったので只今より無料公開します

人気ブログランキングへ   今、不動産投資で難しいのは、融資を受けることよりも物件を探すことです。昨年から金融機関の融資姿勢が非常に積極的になり、「いくらでも貸したい」というような勢いです。これは私に対してだけでなく、不動産業の会社で財務状況が悪くないところでは、どこも同様の状況かと思います。そのため、実需物件も収益物件も不足しており、そうした中で割安な物件をいかに見つけるかが事業拡大のためには重 […]

  • 2013.07.23

「事業実態のないダミー会社」と言えば

人気ブログランキングへ   週末から3日連続でメルマガを配信しました。買いと売りで市場を変える投資法についてです。  さて、「事業実態のないダミー会社」と言えば、現在でも残されている消費税還付スキームである休眠会社利用法です。2年寝かした会社で不動産を購入することで消費税還付を形式上合法的に受けることができるのです。  あくまで形式上のことであり、「事業実態のないダミー会社」を使うことから、実態と […]

  • 2013.07.22

消費税脱税事件初公判で被告が起訴事実を認める

人気ブログランキングへ   消費税については「免税業者」という制度があり、アパート・マンション経営をされている方の多くは、これに該当するでしょう。課税売上が千万円に達しなければ、消費税を預かっても納税する義務はありません。  アパート・マンションの家賃収入は、それを事務所として貸していなければ消費税は非課税であり、事務所・店舗や駐車場等、住宅の賃料以外の収入が課税売上であり、それが千万円もある大家 […]

1 92