個人設備資金と思えるものでも法人名義で融資を受ける裏技

NO IMAGE

 人気ブログランキングにご関心の無い方が多いと思いますが、今私1位ではありません。1位は宅建業者さんのブログです。宅建業者さんと言えばクマさんが昔から人気ですが、クマさんのブログよりも人気のブログが昨年終わり頃から登場しています。
 ブログランキングは賞金を貰える訳でも無いことはもちろん、1位でも2位でも効果(ランキングページからのアクセス)は変わりません。5位以内に入ってればほぼ同じでしょうし、10位でも1位に近い露出度があります。ですから、私にとって順位はどうでも良いのですが、その1位のブログを見ると、なぜ「そのブログも私のブログも」人気なんか、が分かります。有益な情報提供をしているからでしょうね。
 私は不動産業界に入って6年が経ちましたが宅建業では無いので売り買いを繰り返したり仲介したりということはしていません。購入が平均月1件位です。それに対し、ある程度営業成績を上げている宅建業者さんは週1件以上のペースで仲介していて、業歴が長ければ不動産を取り扱う経験値が私と比べても非常に高い訳です。1位の方は多分そういう方だと思います。専門家が集客のために書くブログは日記ではなく専門記事であるべきでしょう。その方は集客目的で書いている訳では無いのかもしれませんが(匿名なので商業目的でなく趣味のブログのつもりでお書きかもしれませんが)、貴重な情報提供されているとその方に仲介を頼みたくなる投資家が増えることでしょう。そのような訳で、人気ブログランキング1位のブログをお勧めします。
 さて、専門とはいってもごく一部の読者さんにしか関心の無いことを書き続けると読者が減ってしまいます。ですから今回でこの件は最後にします。
 個人行っている不動産賃貸業の設備資金は個人で借りるべき話ですが、太陽光パネルによる売電は不動産賃貸業では無く電気業です。発電目的で他人の屋根を借りている会社があり、自分の所有物件のみに付けるというよりは、むしろ他の多数の建物の上に付けたほうが電気業はより事業的になります。より詳しい話は、「太陽光パネル・光ファイバー装置導入資金や修繕費等少額の事業資金の融資を受けるところから金融機関取引を始めて事業者として収益不動産購入資金融資を受ける準備をする方法」特別メールマガジン(約1か月間のメールセミナー)にて説明します。
 法人の業種を不動産賃貸業のみにすると新設法人で不動産購入資金をいきなり受けるのはハードルが高いですが、他の業種を入れてその業種でまず無担保で借りられる資金を借りるという方法もあります。これが、「サラリーマンが新設法人で融資を受ける方法」の答えです。一連の記事が参考になった方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

融資カテゴリの最新記事