建物価格・消費税額の決定

NO IMAGE

 昨日の続きです。
 消費税の件、難航しております。
 今では消費税は内税表示になっているので、通常の場合、売主は納税負担を軽くしたいので建物価格を安くしたいと思い、一方の買主は減価償却費を多く取りたいので建物価格を高くしたいと思い、売買価格が決まると、今度は契約前に建物価格(及びその結果決まってくる消費税額)を協議することになるのです。しかし、今回の物件では、任意売却物件ということもあり、売主は外税にしてほしいと言っています。そうなると、買主としても、建物価格が安いほうが消費税負担が少なくて済みます。
 建物価格を高くしたほうが減価償却が多くできるので節税になりますが、将来売却する際には、減価償却後の簿価よりも高く売れば利益となり、課税対象になります。個人の場合、長期譲渡所得で売却益に対する税率が安くなりますが、私は法人で買うので、税率は変わりません。ですから、建物価格を高くして減価償却費を多く取るというのは、裏を返せば売却時の売却益を多くする(売却損を少なくする)もので、毎年の税金を少なくするか、売却時の税金を少なくするかということで、トータルでみると同じことなのです。
 ですから、今回外税で税額を明記することになった場合には、なるべく建物価格を少なくするよう要望するつもりです。
 そんな訳で、融資審査は通ったものの、未だ契約できていません。
 人気ブログランキングですが、順位が低下してしまいました。こちらをクリックして見て下さい。

日記カテゴリの最新記事