銀行員に騙されないように注意すること8

NO IMAGE

 コメントありがとうございます。私の成功談よりも失敗談のほうが皆様のご関心高いようですね。恥ずかしい話ではありますが、ご要望が強いので、続きを書きたいと思います。
 9月22日は木曜日で、その日の夜にこの問題の担当となった管理職行員から電話があり、私が激しく営業マンのやり方や銀行の体質を非難したところ、「もう一度上と掛け合いますので、もう少しだけお時間下さい」と言われました。金利引き下げといっても、4月に実行された借り換え融資に従前の融資金利を合わせるだけの話であり、利下げ幅は1割未満です。難しい話とは思えません。週が明けて28日の水曜日の夜にその管理職行員から電話があり、金利の引き下げが承認になった、とのことでした。そして、担保付替えの件で会って説明を聞きたいとのことだったので、数日中に会いましょう、という話になりました。
 その週に連絡が無かったので翌週こちらから電話をかけたら、その管理職が急遽転勤になったことを知りました。6月頃着任したばかりなのに、私の件で誠実そうに対応してくれたら、どういう訳か金利引き下げの直後に移動になってしまいました。後任がきちんと引き継ぎを受ける間も無く突然の転勤であり、不可解な人事異動だと感じています。
 そして、本部への投書に対する返事が来なかったので、10月5日、返事をもらえないのか、と再度投書しました。金利は下がったものの担保の付け替えは未だで、営業マンの行為について銀行からの返事は何もなく、そんな中で対応に当たってくれた管理職は移動し、その後どうなったのか。最新情報にご関心のある方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事