銀行員に騙されないように注意すること5

NO IMAGE

 融資は二口で、事情によりそれぞれ日を別々とした実行となり、二口目は4月の終わりとなりました。二口目の契約前に、金利引き下げと担保付替えを同時にやってもらいたいと担当営業マンに言いましたが、「手続き上、それは融資実行後になります」とのことでした。今思えば、そこで同時を強く主張すれば良かったのです。
 いくら担当者との会話のやり取りを録音しておいても、後から、銀行がしないと言っていることを強制的にさせようとすれば、あるいは、それに代わる金銭的代償を得ようとすれば、裁判するしかありません。今後も多くの銀行からお金を借りたい私としては、銀行相手の訴訟は避けたいところです。銀行は定型以外の書面を出しませんので、この融資をしたらそれと引き換えにこうする、という書面を得ることは難しく、書面が得られてもそれが担当者が勝手に作った物であれば意味はありません。
 ゆえに、銀行員から当該融資とは別案件の条件提示された場合には、それらを同時に行わせないと、こういう問題になってしまいます。ご希望が多ければ明日詳細書こうと思いますが、本件は、担当営業マン、そして、場合によってはその上司数名が、銀行の手続きを経ないで勝手に「金利を下げる」「共同担保を付け替える」と嘘を言っていたものであり、同時の実行を条件として私が強く主張すれば、契約が破談になったか、あるいは、そこから始めて二つの「約束」が銀行内で正式に稟議されて銀行としてそれでも本当に融資したければ「約束」通りにするとかその他正式な銀行の回答が出たか、ということで、融資実行後にもめることにはならなかったでしょう。
 とにかく、営業マンの、融資実行後に手続きする、という言葉を鵜呑みにするのは危険だということが、今回分かりました。営業マンは貸出額を増やすことが目的で顧客と折衝していますので、交換条件がある場合には、金銭消費貸借契約とその他の契約とを同時に結ばないと、融資実行のみで終わってしまう恐れがあります。
 4月の終わりに融資が実行され、5月中には「約束」の手続きが終わるだろうと思って待っていたのですが、4月まで頻繁に電話してきた営業マンが、5月に入って全く連絡してこなくなりました。そこで、5月の下旬以降、私から頻繁に電話をかけるようになりましたが、担当者は電話に出ないし、折り返しの電話を求めても電話がかかってこない、という状況が続きました。週2回位そういう電話をかけ続けたところ、6月中旬、彼から電話がかかってきましたが、それは、金利引き下げと担保付替えについての話かと思いきや、そうではありませんでした。驚くべき内容でした。その話ではなく、彼の方から用事があり、電話をかけてきたのです。どのような内容の電話だったか、ご関心のある方は人気ブログランキングをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事