資産と負債のバランス

NO IMAGE

 融資を受けるのには「属性」が良いほうが良いという話を聞くことが多いですが、銀行審査における「属性」というのは、もともと住宅ローンで生まれた用語です。アパートローンの審査では、これに「格付け」が加わります。
 「格付け」というと企業をイメージしがちですが、銀行は個人に対しても格付けを付けます。これが高ければ、融資審査が通り易くなったり、金利が下がったりします。格付けを付けるのは銀行のコンピュータであり、その仕組みは謎で、自分の格付けを知りたいと言っても銀行は教えてくれませんが、資産と負債のバランスが重要な要素であることは間違い無さそうです。
 借入して収益不動産を増やそうとすると、資産と負債のバランスがネックになり審査に通らないケースが多々あります。初めに評価の緩い金融機関で融資を受けたり、評価以上に信用で融資を受けたりすると、次に評価の厳しい銀行で融資を受けようとする際、所有物件の価値をその銀行の基準で評価され、債務超過と判断されがちです。
 一つの銀行から借りられればそれで十分という場合には、評価の緩い銀行や信用で融資額を高めてくれる銀行から融資を受けて買えば良いのですが、複数の銀行から借入を受けて収益不動産を沢山持ちたいという場合には、新たに申し込む銀行で債務超過とみなされないよう、一件一件の不動産買い付け額と融資額を良く考える必要があります。
 人気ブログランキングですが、なかなか10位の壁を越えられません。皆様のご協力よろしくお願いいたします。
 

日記カテゴリの最新記事