購入資金・運転資金以外の融資の受け方3

NO IMAGE

 間があいてしまってすみません。人気ブログランキングへのリンクのクリックありがとうございます。
 あまり知られていないでしょうが、私もツイッターフェイスブックのアカウント持っています。
 融資取引でいきなり不動産購入資金から入る必要は無く、むしろ、既にプロパーで購入資金融資を受けている方が融資金融機関を増やそうと思ったら、保証協会付き取引から始めるほうがスムーズにいくことが多いです。いきなりプロパーで貸してくれる銀行もありますが、既にそういう銀行からは一通り借りている方がどうするかということで、私のセミナーや記事にご注目下さっていることと思います。
 いきなりプロパーで出してくれるところは既に借りているのでしたら、さらに金融機関を増やすためには保証協会付き前提で金融機関と交渉すべきでしょう。いくつもの金融機関を当たると、中には、「少額の融資ではなく購入物件の融資をしたい」といってくるところもあります。いきなりプロパーの高額融資前提で打診すると断られて終わってしまうところも、保証協会付きならば話に乗ってくれることが多いです。
 保証協会付きの融資は購入資金のプロパー融資へのステップであり、金融機関とのお付き合いとも言えますが、どうせ借りるならば、その融資から収益が上がるほうが望ましいです。家賃収入以外の収入を物件から上げることを工夫している大抵の方が関心を持っている、あるいは、既に取り組んでいるのが太陽光パネルでしょう。
 一昨日書きました通り、太陽光パネルは担保になりません。しかし、保証協会は無担保で融資してくれます。しかも、修繕費よりも融資は受け易ケースが多いです。建物が古くなって壊れたから修理をするというのは緊急性が高いです。それに対し、太陽光パネル設置というのは、そんなことする必要は無いとも考えれます。しかし、保証協会の審査上は、後者のほうが保証を得易いケースが多いと考えられます。どういうことか、人気ブログランキングをクリックしてお待ちください。
 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事