共同担保を外す意義とその方法

NO IMAGE

 スルガ銀行とのトラブルは共同担保についてです。
 既に書きました通り、私が当初2008年にスルガ銀行から2本の融資を受けた際に、他の銀行の融資で購入したアパートを共同担保提供しました。購入資金を融資した銀行が第一順位の抵当権を付けましたので、スルガ銀行は第二順位です。
 私にとって、その第二順位の共同担保の抵当権を外してもらうことは重要な意味があります。2物件別々の銀行から購入資金融資を受けたのですが、第二順位が付いていなければ、両方とも担保余力のある物件となります。それが、スルガの第二順位が付いたことで、各物件の担保余力が無くなってしまいました。
 銀行との取引で担保余力は重要です。担保物件の余力があれば、新たな購入案件での融資可否や、金利交渉等、有利に働きます。それが、スルガの抵当権設定により、不利な状況になっています。
 では、どうすれば共同担保を解除してもらえるのか、それは、別担保を提供することです。ただ外せといっても、銀行にとって何のメリットが無い話なので通常は受けてもらえません。実は、今年4月の借り換え融資時にスルガ銀行に別担保を事実上提供したも同然なのですが、3か月以上経っても約束をなかなか果たせてもらえず、2008年に借りた分の当初の共同担保が未だ付いたままなのです。
 共同担保解除のもう一つの方法は借り換えです。本担保だけで金融機関が担保を充足すると判断すれば、借り換え時に共同担保は外してもらえます。私の住信L&Fからスルガへの借り換え時には、共同担保がいくつも外れました。それが私にとっても借り換えメリットだったのですが、私の買う物件は積算ベースではかなり割安なので、他の銀行に借り換えても同様のことはできたでしょう。
 スルガ銀行から2008年に借りた分の共同担保についても、他の金融機関に借り換えれば共同担保は外れるだろうということです。そこで、スルガ銀行が約束を守ってくれないならば、他行への借り換えも選択肢であり、早く共同担保が外れて第一順位の銀行から見た担保余力を早く回復させたほうが良いかと検討中なのです。
 人気ブログランキングのポイントが減少傾向なので、そろそろ話題を変えようかとも思っていますが、本件のさらに詳しい話を聞きたい方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。もしご希望が多ければスルガ銀行とのトラブル談をさらに続けます。
 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事