物件を増やさずに売上を上げて融資を受け易くする方法12

NO IMAGE

 1日間が空いてしまってすみません。
 ご質問頂きました26日(日)のセミナーの件、山手線代々木駅の傍で開催します。20日(月)に損保会社・損害保険鑑定人と打ち合わせした上で、まぐまぐのメールマガジンで募集の告知をいたします。募集人数が170人と少ないので、募集に要する時間も少なくて済むと考えています。
 さて、ここ1,2年の間に、不動産投資家を名乗って毎日メールマガジンを配信する人が増えましたよね。私は読者数の多いメルマガをチェックして全て登録しているので、そういう状況が良く分かります。私もメルマガを出していますが、3,4月はほとんど出しませんでした。本業の不動産賃貸業に専念していたからです。
 不動産投資のメルマガやブログを出すからには、著者自身の不動産賃貸業がしっかりしていなければ、はじまりません。私は原状回復工事を自分で分離発注していることもあり、3,4月はかなり忙しくなります。工事の手配に加えて、入居者募集活動もこの時期重要です、
 私は、メール配信を入居者募集で使っています。物件の最寄駅前後数駅の不動産会社に客付依頼のメールを送信するのです。物件によって、1物件につき50社程度件から、都会の不動産会社が多い地域では300社位にメール配信しています。不動産賃貸業が本業の私としては、投資家さんにメルマガ配信するより、客付業者にメール配信するほうが重要です。
 その甲斐あり、家賃十数万円の高級マンション1棟については不況の影響で空室がいくつかありますが(家賃を全く下げていませんので)、それ以外の物件はほとんど満室になりました。メール配信により客付業者が協力してくれたことは事実ですが、客付業者が紹介したがる条件の物件でないと、客付業者も積極的にお客様に紹介してくれません。
 
 では、どんな条件なのか、ご関心のある方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。ご希望が多ければ、このシリーズを未だ続けたいと思います。
 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事