自宅が先か賃貸用アパートが先か

NO IMAGE

「自宅を住宅ローンで購入すると、アパートローンを組むのに不利になる」と言う人がいます。その真偽は金融機関により異なるので明確には言えませんが、実は、先にアパートローンを組むと、後で住宅ローンを受けるのが難しくなるのです。
アパートローンは、アパートの賃料収入から返済できるかどうかが審査の基準になりますが、住宅ローンは、借主の収入から返済できるかどうかという審査になります。その審査基準の主たるものは、
(「住宅ローン年間返済額」+「その他のローン返済額」)÷「年収」<0.35 を満たしているかどうかです。アパートローンを利用すると、「その他のローン返済額」が多くなることで、返済比率が35%を超え易いのです。 ゆえに、マイホームを手に入れたいという方は、先に住宅ローンを受けてから不動産投資をしたほうが無難です。

日記カテゴリの最新記事