通知預金を作りました

NO IMAGE

 人気ブログランキング上位に海外不動産投資ブログが新登場しましたね。 
 皆さんは通知預金を持っていますか。引き出す2営業日前までに通知をしないと引き出せない預金です。金利は普通預金より若干高いものの低金利の現在、ほとんど付きません。何でこんな預金があるのかと疑問に思っていましたが、理由が分かりました。いくつかの理由があるのでしょうが、一つは、金融機関が融資金を管理するためです。
 信用保証協会の保証付きで運転資金を借りると使途自由です。私は800万円の運転資金を無担保で借りましたが、「何に使ったか」とか「使わないのか」とか、そういうことは全く問われません。それに対し、設備資金の場合には、金融機関が厳しく管理します。保証協会に領収書等を提出する必要があるためです。
 設備資金の融資を受けると、その金融機関から振込で代金を支払い、領収書を提出しなければなりませんが、支払が一度では済まない場合があります。内装工事・外装工事とで複数の支払先に別の日に振り込むとか、着工金・中間金を振り込むとか、そういうことになると、融資したお金がしばらく預金口座に置かれることになります。既に返済実績を重ねていれば違うのかもしれませんが、今回、新規取引の三井住友銀行から購入物件の修繕費の融資を受けたので、すぐに使わない分は通知預金にすると言われました。
 
 銀行内部で、融資担当の許可が無いと引き出せないようにしているようです。普通預金であればキャッシュカードでいつでも下せてしまいますからね。これにより、事業者が借入資金を他の目的に安易に流用することを防いでいるのです。決済機能が無い某公的金融機関から架空や水増しの「修繕費」を受けて他の目的に流用できるという話が広まっているようですが、決済機能のある金融機関は、商工中金等公的金融機関でも、使途確認が行われます。特に、信用保証協会付きとなると、金融機関の内部処理だけでは済まないので、資金の流用は容易にはできません。 
 
人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事