旧ライフ住宅ローンの借り換えに成功2

NO IMAGE

 昨夜は、なぞなぞみたいな問いかけをしました。旧ライフ住宅ローンのアパートローンは売買価格までの融資額になり、その借り換えを引き受けるD地銀のアパートローンは残債の範囲内での融資になります。
 ということは、仮に旧ライフ住宅ローンで売買価格全額の融資を受けたとしても、その後返済が進んでいるため、D地銀が融資する借り換え資金は、売買価格を下回る計算になります。ところが、今回、D地銀から、売買価格を上回る融資を受けることができました。
 なぜでしょう。ヒントは、住信不動産ローン&ファイナンス(ライフ住宅ローンの現在の会社名)が1件で複数物件に融資をしたことです。
 早く答え知りたいという方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。
 
人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事