住友不動産販売ではローン特約付きの契約ができない?

NO IMAGE

 ここ数日、人気ブログランキングがかなり変動しています。日頃人気ブログランキングにご関心の無い方も、たまには人気ブログランキングへのリンクをクリックしてみてください。新しいブログも上位に登場しています。
 さて、今日は戸建を二つ見に行き、うち一つに買い付け申し込みをしました。仲介は住友不動産販売です。今夜担当が売主に買い付け申し込みを持っていき、承諾を得られれば18日(月)に契約という話だったのですが、買い付け申し込み書を送った後担当から電話がかかってきて、融資利用の場合、事前審査に通っていたり内諾を得たりした段階でないと、契約できないというのです。
 それは仕方ないかとも思ったのですが、その後再度話すと、個人の住宅ローン以外はローン特約が使えないというのです。普通、不動産賃貸業界では、不動産購入時、既に事前審査に通っていたり内諾を得たりしていても、一応ローン特約付きで売買契約を結びますよね。住友不動産販売では、それが出来ないというのです。そうなると、正式に融資審査が通らないと契約し難いですが、融資審査の必要書類に売買契約書がある金融機関では、契約前に正式な審査結果は出ません。
 私はローン特約無で売買契約を結ぶこともあります。500万円以下の戸建はローンを使わないことが多いので、その場合は特約無で当然です。他に、物件価格が安く競争が激しく、ローン特約付き条件では、ローン特約付きの買主に負けてしまう場合です。実際、明日、ローン特約無でマンションの契約をします。
 しかし、今回の戸建は、田舎にあり建物はボロボロで、内見客もおらず、仮にあったとしても、マイホームを求めてくる人は、室内状況の悪さから、買い付けを申し込まないでしょう。そういう物件でも買い付けを申し込んでくるのは建売業者ですが、建売業者は100平米未満の狭い土地をあまり好みません。そういう訳で、私のような賃貸業者が買うか、売主が修繕して綺麗にしてエンドさんに買ってもらうかしないと売れない物件であり、私にとって、ローン特約無で買う必要など全くないのです。
 ところで、この物件、残債の関係であまり安くは売却できないという売主の事情があり、私にしては珍しく、土地賞味面積×路線価よりも高い価格で買い付けを申し込みました。売却益はあまり期待できず、想定利回りも13%程度で田舎としては高くなく、この物件自体は買うメリットがあまり無いのです。
 それにもかかわらず、私は買い付けを申し込みました。なぜ買うメリットがあまり無い物件に買い付けを申し込んだのでしょうか。理由は「付き合い」です。住友不動産販売との付き合いではありません。どういうことか、ご関心のある方は、人気ブログランキングへをクリックしてください。
人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事