オーバーローン確定 定額小為替の手数料高いですよね

NO IMAGE

 昨日は、金融機関との金銭消費貸借契約に行ってきました。来週融資実行です。昨日書いた信用保証協会を使ったノウハウで、売買価格を上回るオーバーローンが確定しました。
 面倒だったのが、固定資産税納税証明書の収集でした。全物件の納税証明書が必要だったからです。東京都の場合には都税事務所が固定資産税を扱っているので、都内に何物件もっていても1つの都税事務所から全物件の証明が得られるのですが、神奈川県は(多分他の県もそうだと思いますが)各市区町村が事務を行っているため、私の場合、10以上の役所から証明書をもらう必要があったのです。
 しかし、わざわざ行ったりはしません。郵送請求です。郵便局で定額小為替を買うのですが、発行手数料が100円します。市役所に払うのは1年分で300円ですが、300円の定額小為替を作ってもらうのに、郵便局に100円払わないといけません。以前は10円だったのですが、民営化により10倍の値上げとなりました。
 私は当座預金を持っているので100円取られるならば小切手で支払いたいのですが、小切手ではなく郵便局の定額小為替、または、現金書留でないと受け取れないというのです。現金書留よりは定額小為替のほうが安いので、定額小為替を買いました。
 証明書発行手数料300円に加え、
・定額小為替発行手数料 100円
・往復送料 160円
の260円が余分にかかりますが、交通費よりは安いですね。
 発行申請書は各自治体のウェブサイトからダウンロードできるのですが、どこも書式が若干異なります。いちいちそれに書いている暇はないので、同じ書式で印刷して、返信用封筒と定額小為替を同封して各自治体に送りました。
 定額小為替は私にとって買うのがちょっと大変です。16時までに郵便局に行かなければならないからです。郵便振替はATMで夜まで可能になりましたが、定額小為替の発行は16時までであり、民営化したのだから、ATMで発行できるようにして欲しいなと思います。
人気ブログランキングへ 
 

日記カテゴリの最新記事