都銀との取引の道 続報

NO IMAGE

 かつて融資してくれた信用金庫、第二地銀の一部が新たな融資をしてくれなくなりました。これまで何回か書きましたが、私の営業エリアがそれら金融機関の営業エリアを超えており、管理しきれない・事業拡大についていかれない、という理由です。また、新規融資を出してくれている信金・第二地銀も、一融資先への融資残高が増えていくと、リスクの集中を避けるために審査が厳しくなっていきます。実際、G信金からは、残高が増えてリスクが集中してきたことを理由に、今後の融資では金利が上がる可能性があると言われています。大手地銀も含めて、5億も10億も一社に融資することはあまりしないので、以前から述べてきたように、今後の事業拡大のためには、都銀との取引が必要だと考えています。
 メガバンク3行に申し込み、信用保証協会の保証付き融資ならば、意外と簡単に審査に通ることが分かりました。申込書に売買価格を書いたら、信用保証協会が満額で保証承諾をしてくれて、フルローンになってしまいました。
 このように、都銀から借りるのは簡単なのですが、プロパーではなく保証協会の保証付きであり、プロパー扱いしてもらうのはかなり大変そうです。
 一方、信金・地銀ですと、保証協会付きから入って決算をまたげばプロパーに繋がり易いと思います。年末のセミナーに参加された方と映像を購入された方は、認定書の有効期限が迫っている場合が多いでしょうから、是非上手く使って頂きたいと思います。メール対応はこのところきちんとできていないので、また、残された時間があまりありませんので、認定書を金融機関に出すに当たってのご質問・ご相談は、インフォトップからのダウンロード資料に書かれている携帯電話に電話をかけてしてください。
 私は月内に認定書を2,3の地銀に提出する予定です。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事