借り換えても良い場合1

NO IMAGE

 ノンバンクは事務手数料で儲けていますので、借り換えてまた借りてを繰り返して良いのですが、銀行や信金となると、そうはいきません。借り換えをすると、金融機関によっては「絶縁状」を出されたものと理解し、その後融資をしてくれなくなる恐れがあります。
 しかし、それでも借り換えて良いケースもあります。実際、数か月前から金利引き下げを依頼しているのに、対応が遅くなかなか引き下げてくれない銀行が1つだけあり、その銀行には他にも不満なところがあるので、借り換えてしまっても良いかと思い始めています。その銀行の借入金を既存の取引金融機関に引き受けてもらうと、引受先の金融機関の融資残高が増えるので、それは考えていません。私が考えているのは、未だ取引を始めていない金融機関に借り換えるのです。
 その場合でも、新規取引の金融機関の借入残高が増えることには変わりないのですが、新規取引の金融機関ならば、それでも敢えて借り換えをしたほうが良い場合があるのです。どういうことか、ご関心のある方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事