東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業

NO IMAGE

 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業を企画しました。今日から開始です。私の会社では非常勤・在宅の事務員を募集中で未だ社員がおらず個別の対応ができないので、私は上記ウェブページを作り、広報を担当し、実際の業務は宅建業者が仲介手数料無しで行います。
 意図としては、被災地近隣での仮住まいではなく、仕事が見つかり易い東京に移住して就職する方向けのものです。
 自宅が住めなくなり再建築する場合でも、行政から出る支援金は300万円までで、残りは自己資金や借入金を充てなければなりません。前回の記事で触れましたが、土地自体も実質的に失ってしまった方もいらっしゃいます。また、そもそも賃貸住宅に暮らしていた方もいらっしゃいます。勤務先が行政機関や大企業ならば給料が出るでしょうが、中小零細企業勤務となると、ある程度の公的支援はあるでしょうが、そもそも速やかに職場が再建できるのかという問題があります。
 そのため、家を再建築するまでの間の仮住まいということではなく、東京に移住して再就職して、生活の立て直しをするほうが望ましい被災者の方々もいらっしゃることと思います。そういう方々を想定して、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業を始めました。
 ブログ、ツイッター等でこのページへのリンクをして頂ければ幸いです。
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業
 趣旨に賛同される方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事