個人の収支を公開1

NO IMAGE

 昨日の記事についてコメント引き続き募集中です。
 さて、今回は法人ではなく個人の話をしたいと思います。私に関して言うと、2008年で物件取得を終え、2009年は売買が一切なかったのです。2010年もそうなるでしょう。
 そのため、2008年までは不動産取得税と登録免許税が必要経費になったり(個人の場合は取得価額に入れることはできません)、借入額が増える一方で賃料は1年未満しか入ってこないということで、利益があまり出ていませんでした。2009年、某都銀の担当者が、収入を1年分に引き直したり、一過性の支出を考慮した1年分の経常的な経費に基づいて収支を出してくれたり、かなり丁寧に取り扱ってくれたのですが、「決算書に反映されなければダメ」ということで、審査に通りませんでした。
 2009年は利益がかなり出ましたし、お金もかなり貯まりました。
 現在の個人の収支を公開しましょうか。決算書の数字を写すのではなく、キャッシュフローベースで、収入、利払い、元金返済、固定資産・都市計画税等、手残りをまとめた資料があります。個人融資や地銀・信金融資では、そういう手作りの資料が審査でかなり重要になります。
 公開希望の方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事