粉飾決算にならないのか

NO IMAGE

 引き続き人気ブログランキング上位が混戦中です。ランキングにご関心のない方も、おもしろいのでたまには人気ブログランキングを覗いてみてください。
 前の記事で減価償却費について言及しましたが、説明不十分でしたので、補足したいと思います。減価償却については、ブログのコメント機能で質問を頂戴しています。
いつも拝見しています。
あるコンサルから「来年も融資をひきたいのなら、減価償却経費計上せず、利益を表に出すべき」といわれましたがここでの記事の趣旨では計上の有無に係らず、経費として課税所得を減らす係数として減価償却が強制的に計算されてしまうのでしょうか?
減価償却計上せず、黒字にして税金払い、融資を受けるというというストーリーはくずれ、税金払い損ということになるのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。

 減価償却費を計上しなかったり、不動産取得税や登録免許税を経費計上しなかったりすれば、見かけ上の利益は上がります。金融機関が、企業から提出された決算書について勝手に経費計上することは無いと思いますが、このように経費を計上しないことは、粉飾決算にはならないのですかね。私は税務の専門家ではないのでこの件について明確な回答ができません。問題提起をするに留め、専門家からのコメントに期待したいと思います。
 今日、某都銀に行きました。その銀行では、かつて中小企業向けのビジネスローン的なパッケージ商品があったものの、現在はそういう商品はなく、まずは保証協会の保証付き融資から始めているとのことでした。
 どうしてそういう商品が無いかというと、そういう商品では決算書のスコアリングだけで融資可否が決定されるので、決算書の作り方によって審査結果をどうにでも変えられてしまうからというのが、その理由だそうです。不正融資事件で、関係者が刑事事件として立件されるという例がしばしばありますよね。決算書を捏造すれば融資が出てしまうというのが、スコアリングによる融資の盲点です。
 経費を十分に計上しない決算書を作ることは粉飾決算にならないのか、また、そういう決算書を金融機関に提出して融資を受けることに問題は無いのか、税理士さん、公認会計士さんはじめ、有識者各位からのコメントを期待します。
 粉飾決算といえば、ライブドア事件が有名ですね。先日、かつてライブドアで堀江氏を支えていた方と、会食しました。そこで聞いたことを少しお伝えします。
 ライブドアと関わりの深い投資ファンドの利益をライブドアの利益にしなかったところ、税務調査が入り、税務署から利益計上するよう求められて修正申告したところ、それが後に粉飾決算として問題になったとのことでした。
 堀江氏の事件は、ライブドアが株式を上場していたために刑事・民事の両面で大騒ぎになりましたが、皆様が経営されている資産管理会社レベルでも、社債(私募債)発行は可能ですし、株式を第三者に買ってもらうことだってできる訳です。そういう際に重要な出資判断材料になるのが決算書ですよね。また、当然ながら、金融機関が融資する際にも、決算書を重視します。
 税務の世界はグレーな部分が多く、合法だろうと思ってしたことが、違法・不法として行政処分や刑事罰を受けたり、民事的に損害賠償を請求されたりということが起こりかねません。そこまでいかなくても、金融機関との関係が悪くなれば、その後融資を受けることが難しくなってしまいます。
 元ライブドアの方の話を聞く限りでは、税務調査で税務署が利益計上すべきと言ったのに裁判所はそれを粉飾決算として損害賠償判決や実刑判決を出しており、税務・会計問題の難しさを感じました。また、堀江氏が無実を主張し、現在、ライブドアを離れて新たな事業を再開している理由も、そういう経緯を聞くと納得できました。
 ところで、堀江氏と言えば(以降本筋から外れます)、今月26日まで受付の無料の「堀江塾」をご存知でしょうか。堀江氏のセミナーを収録した映像を見られるのですが、驚いたことに、先ほど、21日(日)に生のセミナーをインターネット上で無料開催するとの知らせが届きました。生ですから質問・相談も可能で、質問・相談が取り上げられれば、堀江氏から無料でコンサルティングを受けられることになります。
 今月26日まで受付の無料の「堀江塾」の会員が対象なので、まずは左のリンクから無料会員登録をした上で、21日のネットライブセミナーについては、こちらから申し込むと、無料参加できます。
 以下、主催者からの案内文を転載します。
———————–
今回の生放送を見ていただくと
「堀江貴文 8つの稼ぎの秘密」が分かります。
具体的に・・・
●創業からたった8年間で1000億円企業に成長!?
IT界の寵児と呼ばれた堀江流、『儲かるビジネスモデル』の作り方とは?
●最先端を目指すな、まずは日銭を稼げ
中小企業にとって最先端事業への参入は全くの無駄。
なぜなら、中小企業にはある大切なものが不足していたからです。
●企業の成長には、まずは業務の『アウトソーシング化』がカギ!
なたは知っていますか?
絶対にアウトソーシングすべき業務と絶対にアウトソーシングしてはいけない業務があることを。
●堀江流 顧客に深く刺さるニッチビジネスの見つけ方
現在すでにある事業の中から、あなただけの『ニッチビジネス』を見つける秘訣は、○○にあったのです。
●新規顧客獲得には、『知りたい欲求』の刺激がカギ
現在テレビや舞台、ブログやtwitterなど、様々なメディアに露出する堀江氏。
彼のtwitterには50万人以上がフォローし、有料メールマガジンには毎月約1万人が殺到。
顧客の「知りたい」を刺激する、そのカギとは!?
●お金をかけずに、お金を生み出すコンテンツを作る秘訣とは!?
資金の少ない中小企業だからこそ、お金をかけずにお金を生み出す方法を知る必要があります。
堀江氏が語る、月額840円の有料メールマガジンに約1万人の会員を集める秘訣とは?
●会社の名前は芸名と同じ!?
お金のない中小企業の知名度を上げるには、○○するのが最も早い!?
堀江流PR戦略の真髄とは?
●あなたのビジネス停滞の原因を、堀江氏が解明します
あなたのビジネスが滞っている原因は、すべてあなたが作ったビジネスモデルに原因があったのです。
そんなあなたのビジネス停滞の原因を、堀江氏が解明します。
以上、理論や理想論ではなく、堀江氏が
●実際に行っていること
●実際に行っていた
実際に役に立つ「8つの稼ぎの秘密」が公開されます。
堀江氏の稼ぎの秘密を生放送でご覧ください。
———————–
とのことです。不動産投資は中小企業の経営であり、21日のセミナー特に中小企業の経営に関する話が中心のようですので、私は参加することにしました。ネット上で参加できるのでとても便利ですね。
 「堀江塾」に無料会員登録した上で、こちらから無料参加申込できます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事