初めの数年は赤字になり易い訳

NO IMAGE

 人気ブログランキングへの上位が僅差になっています。
 コメントにあったように、不動産賃貸業では減価償却費が大きいので、お金は回っていても赤字になることがしばしばあります。個人向け融資ならば減価償却が大きくて赤字になっても、利益に減価償却費を足してもらえる場合があるのですが、法人となると、赤字か黒字かが重要になります。特に都銀では、お金は出て行かなくても設備(建物)が経年減価する分減価償却費が発生するのだから、減価償却費を経費と捉えられ、利益に足してくれるようなことはありません。
 信用保証協会でも、前回の記事に書いた保証制度では、減価償却費を引いた後の利益が出ていることが求められます。
 私が言いたかったことはもう一つありまして、毎年同額分の追加投資を行っていくとして、登録免許税と不動産取得税を経費で落とすと、初めの数年は赤字になり易いということです。一般に、事業では初年度に経費が多くかかるので初年度は赤字になり易いという話を聞きますが、それとは違います。どういうことか分かりますか。不動産賃貸業は数年を経ないと黒字になり難いのです。説明ご希望の方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。
 それから、ブログの内容とは関係無い私へのメッセージをコメント欄に書く方は、メールアドレスを入力して下さい。メールアドレスはブログ上に公開されません。メールアドレスが分からないと連絡しようがありませんから。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事