金融機関が融資したがる保証制度

NO IMAGE

 久しぶりに人気ブログランキングの不動産部門に戻ってきたら、知らないブログが上位ランクしていました。日頃ランキングを見てらっしゃらない方は、人気ブログランキングへのリンクからご確認下さい。
 さて、信用保証協会をご存知でしょうか。銀行子会社の保証会社ではありません。法律に基づいて設立された公的な信用保証協会です。私の地元ですと、神奈川県信用保証協会になります。かつては中小企業向け融資の保証を保証協会が引き受ければ融資額全額の保証をしてもらえましたが、今では80%までの保証で、20%は各金融機関の負担ということになっています。
 しかし、期間限定で、100%保証をする保証制度があり、融資残高を増やしたい金融機関は、その制度を使おうとします。無担保で8千万円まで保証される制度なのですが、実際いくらまで保証してもらえるかは、決算書や事業の内容によります。金融機関はある程度の判断が付きますので、決算書を見た金融機関担当者が、「借りてください」と電話してきた訳です。
 預金取引しかしてない某都銀の営業マンにもアプローチしたところ、「数百万円といった単位ではなく千万円の申込にして頂きたい」と言われました。保証協会が100%保証するということは、国家財政が破綻するようなことが無い限り回収できるということですから、貸し出し実績を上げたい銀行員としては、この制度を存分に使いたいところでしょう。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事