決算書公開7 償却期間が短い減価償却費(続)

NO IMAGE

 今夜「まぐまぐ」からメールマガジンを送信予定ですが、その中で、フルローンの出る可能性のあるマンションの情報を流します。「まぐまぐ」のメールマガジンに登録されていない方は、こちらから登録の上、最新のバックナンバーをお読み下さい。
 3年後までに償却期間の終わる物件は、アパート3棟、戸建3戸で、年間償却額640万円です。今日はその続きです。
・4年後までに償却期間の終わるもの 5物件(秦野市戸建34.6万円、横須賀市戸建49.7万円、小田原市戸建39.7万円、横浜市南区戸建33万円、横須賀市戸建21.2万円) 年間償却額178万円
・5年後までに償却期間の終わるもの 2物件(横浜市戸塚区アパート 212.6万円、横浜市戸塚区戸建131.2万円) 年間償却額344万円
・6年後までに償却期間の終わるもの 無し
・7年後までに償却期間の終わるもの 1物件 平塚市戸建 年間償却額 72万円
小計594万円  
 ということで、既に減価償却期間が切れたものから今後7年以内に切れるものを合計すると、年間償却額1,234万円となります。このままですと、7年後には減価償却費が1,234万円減少し、税率30%とすると370万円税額が増える計算になります。
 しかし、実際のところ、7年後の減価償却費はそれほど減らないどころか、むしろ増えている可能性があります。どういうことか、知りたい方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事