属性が悪くても融資を受けられる

NO IMAGE

 前回の記事に対し頂戴したご質問です。
メール相談に申し込んでいる者です。相談には至らない質問はブログでということでしたので、質問させていただきます。「価格が500万円の区分所有マンションよりも、5,000万円のマンション全体のほうが、融資審査が通り易い」とのことですが、その場合、属性は関係ないのでしょうか。 自分なりに勉強したとこころでは、融資では属性が重要と言う先生が多いです。 石渡先生は属性は関係ないとお考えでしょうか。
 スルガ銀行とオリックス信託銀行では、住宅ローンの延長的な融資をしており、勤務属性が良くないと審査になかなか通りません。いきなりマンション一棟を融資を受けて買おうとすると、属性が重要になります。
 しかし、他の方法もあります。例えば、マンション一棟を買えるだけの自己資金を持っていてそれを金融機関に預金すれば、預金を担保にしたり拘束されたりすることなく、マンションを担保に融資を受けられる可能性があります。勤務属性が悪かったり、あるいは、そもそも仕事をしていなかったりしても、資産家として融資を受けられる訳です。
 また、マンション一棟を買える自己資金は持っていなくても、区分所有マンションや戸建を買える自己資金があれば、まずは自己資金で貸家業を開業して、その事業実績や不動産という資産を金融機関に示して融資を受けるという方法があります。私はこの方法を採りました。
 スルガ銀行やオリックス信託銀行のアパートローンは事業者向けのローンではなく一般個人向けのローンな訳ですが、多くの金融機関は、当然ながら事業者向けにも融資をしています。既に貸家業を開業していれば、事業者として融資を受けられる可能性があります。
 この方法で中古物件に対する融資を受けているのは少数かもしれませんが、私だけではありません。人気ブログランキングの上位常連となっている水戸大家さんこと峯島さんは、年収280万円の工場労働者時代に融資を受けてアパートを購入されています。
 峯島さんが最近だされた本を読むと分かるのですが、初めは自己資金で区分所有マンションや戸建を買い、その後、融資を受けています。
 属性が悪いと思っている方は、峯島さんの本をお読みになると、彼が低属性の中でどのように融資を受けて不動産投資ができるようになったか分かります。また、この本は、私が昨年出した本には無い特徴があります。それは、自己資金の作り方について詳しく書かれていることです。ゆえに、属性が良くても自己資金が無くて不動案投資を始められないという方にもお勧めです。
 既に本を購入された方またこれから購入される方は、峯島さん主催のキャンペーンがあり、色々なものがもらえるのでお得です。詳しくはキャンペーン紹介ページをご覧下さい。
 ご質問への回答をまとめますと、勤務属性の良い人は、いきなりレバレッジを効かせて不動産投資ができます。悪い人は、当初はレバレッジを効かせることが難しいですが、自己資金で開業し、その経営状態が良ければ、しばらくすると融資を受けてレバレッジを効かせた投資ができるようになるのです。
 ご質問等、皆様の知りたいことをコメント欄からお寄せ下さい。ご質問の数が多ければ、これから1日複数回ブログを更新します。

人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事