固定資産税納税と金融機関対策

NO IMAGE

 融資の際、固定資産税の領収書が求められることが多いです。私は毎月のように融資を受けているので、固定資産税の領収書は、他の領収書とは別に、いつも手の届くところに保管しています。
 また、融資ではキャッシュフローに加えて資産と負債のバランスが問われますが、資産(土地)について、固定資産税評価額÷0.7が公的な時価になりますので、資産一覧表を作り、その中に、固定資産税評価額と時価を記入して、いかに負債より資産が多いかをアピールします。
 ところで、年間の固定資産税どのくらいになると思いますか。お知りになりたい方は、人気ブログランキングへをクリックして1日お待ち下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事