担当者が変わったら融資断られました

NO IMAGE

 金融機関の人事異動は4月1日だけでなく、色々なときにあります。しかも、発表されて数日後には異動ということもあります。ゆえに、審査の相談や申し込みをしている間に担当者が変わる場合もある訳です。
 3階建て鉄骨マンションで1階が事務所という物件の買い付けを申込んでいて、物件近くの金融機関に融資を依頼しました。1階部分は従業員を置いてレンタルオフィスにする計画でした。また、法定耐用年数が残り10年位しかないので、耐用年数を超えた融資が必要です。当初、そういう話で良いということになっていたのですが、私が書類を提出したところ、当初話をした担当者は移動になり、別の人が対応しました。すると、従業員ではなく私が現地にいないと融資できないと言われて断られました。
 要するに、担当者次第という部分がかなりあるということです。逆のケースもあります。融資を断られてもその担当者の名刺をとっておき、1年位経ってから電話をかけてその担当者がいないことを確認して申し込みをするという方法です。
 明日はファーストクレジットの融資のことを書きたいと思います。ファーストクレジットは不動産投資にも使えます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事