複数のプロパンガス会社と付き合う

NO IMAGE


13日の記事の終わりに書いた「フルローンを出すという噂を良く聞く某銀行が参加するかも」というイベントはこれです。結局「某銀行」は参加せず、オリックス信託銀行の参加になりましたが、不動産投資の初期段階にある方は、オリックス信託銀行の利用をお勧めします。
 アパートローンという商品のない中小の金融機関ですと、不動産賃貸の事業実績が主たる審査対象となり、未だ事業を始めていないサラリーマンがいきなり1億円とかの融資を受けることは難しいのです。それに対し、オリックス信託銀行は、開業前でも貸してくれる初心者に優しい金融機関です。スルガ銀行も初心者向きですが、スルガ銀行の金利は4.5%です。それに対し、オリックス信託銀行の金利は2.5%程度ですので、1、2棟目を買うのはオリックス信託銀行を利用するのが良いでしょう。
 なぜ未経験者にいきなり高額の融資をしてくれるのかというと、不動産貸付業を事業というよりもむしろ投資や資産形成と捉えて、勤務属性等を重視した住宅ローン的な審査をしているからです。ローンの名称も不動産投資ローンとなっています。多分、関東地域の不動産投資ローンの責任者が来ます。1,2棟目という方は、是非話を聞きに行かれることをお勧めします。イベントの詳細はこちらです。
 では、昨日の続きです。私はいくつもの金融機関から融資を受けています。それは一つの金融機関から連続して無限に借りることは不可能だからです。プロパンガス会社も色々なところと取引していますが、それは理由が違います。
 既存の供給がつながりのある他社で行われている場合、切り替えを引き受けてもらえないからです。例えば、私が懇意にしている卸をしているガス会社は、卸先の会社の切り替えをしません。当然のことですね。その他、協定を結んでいて切り替えできなかったり、地域によっては皆が仲良くやっていて地元の他業者の仕事を取ることに消極的という場合もあります。ライバル関係にある会社同士だと、積極的に切り替えを進めてくれますが。
 ゆえに、付き合うプロパンガス会社はなるべく多いほうが良いのです。では、どのようにして多くしていくのか、次回に続きます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事