入居者が失職して家賃を払えなくなったらどうするか2

NO IMAGE


 答えは住宅手当緊急特別措置事業です。行政が家賃を借主の代わりに払ってくれて、借主は返す必要が無いという、弱者に優しい制度です。さらに、入居初期費用を行政が40万円まで貸与してくれる制度もあります。
 入居者が失職して家賃を払えなくなったら、とりあえずは、この住宅手当緊急特別措置事業の利用を勧めて家賃を払ってもらうのが良いでしょう。その後ですが、就職活動をがんばってもらうか、あるいは、引越しを勧めるか、家主の判断になります。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事