入居者が失職して家賃を払えなくなったらどうするか1

NO IMAGE


 賃貸仲介の繁忙期を過ぎましたが、多くの業者が口を揃えて言うのは「今年は動きが鈍い」ということでした。清掃業者も仕事が減ったと言っていました。また、高額物件を中心に賃料の低下もありました。最近購入を検討した世田谷のマンションは数年前に26万円の賃料で入った人がいるのですが、今では20万円未満でも入居者を付けるのは厳しい様子でした。
 私はそこまでの高額物件は持っていないませんがが、各戸の面積が70平米以上で、家賃が10万円以上のマンション一棟を持っています。今までその物件の稼ぎが非常に良くて資金面でゆとりがあったのですが、先月退去があり次の入居者が付かないという状況になっています。
 空室よりも厄介なのが賃料の滞納でしょう。実際、仕事を失い家賃が払えなくなった入居者が発生しました。勤務先が雇用保険に入っていなかったり、非正規雇用だったりすると、雇用保険も出ず、無収入になってしまいます。健康で未だ働ける年齢だと、生活保護も簡単には受給できません。
 しかし、私の所には、役所からその人の家賃が入ってくるのです。生活保護費ではありません。なぜだか分かりますか。次回に続きます。
人気ブログランキングへ

 

日記カテゴリの最新記事