家電付きの賃貸住宅の家電の調達2

NO IMAGE


 リサイクルショップの通信販売を色々と調べたのですが、
・売価が新品と比べさほど安くない
・配送と設置に問題がある(送料が高かったり、設置のサービスが無かったり)
・発注から納品まで何日も待たなければならない
・受け取りには立会いが必要で、無人の空室に備えてもらうことができない
・配達時刻を指定できない
・買い替える場合、以前購入した商品を引き取ってくれない
といった問題点があり、使える店を見つけることができませんでした。
 そこで、面識のある不用品回収業者に相談したところ、割と良い答えを得ました。製造後8年以内の洗濯機、冷蔵庫、電子レンジの3点セットで、納品地が神奈川県内は38,000円、東京都内は42,000円で、初期不良(設置後10日以内)の保証付きで、将来買い換える場合には、無償で前の商品を引き取ってくれるということです。その業者は古物商の免許をもち、リサイクルショップの経営や回収品の輸出もしており、回収した中古品を清掃・消毒して提供してくれます。売価以外のメリットとしては次の事が挙げられます。
・洗濯機の設置(給水・排水含む)を、部材費サービスでしてくれる。
・発注の翌日または翌々日に納品となるので、賃貸借契約締結から入居までの間に設置できる。
・受け取りに立会いは不必要で無人の空室に備えてもらえるので、家主や管理会社社員が現地で待っていなくて済む。
・チャーター便での運送なので、入居が先になった場合でも、入居者の都合に合わせて配達時間を細かく指定できる。
・その業者を継続的に利用すれば、家電リサイクル料や回収費用(普通1万円位かかります)がかからない。
 新品を買うと商品代金が3点で約5万円、配送・設置料が約1万円、リサイクル・回収費用が約1万円、合計約7万円かかります。それよりも4割位安く買えます。もちろん新品のほうが長持ちしますが、私が採用を決めた理由として、
・数年後に売る可能性のある物件では、売却後まで家電が長持ちする必要はないこと
・設備ではなく残置物として賃貸借契約を結べば、買い替え費用は入居者の負担にできること
・立会いが必要ないこと(新品だと納品時の立会いが必要になります)
があります。
 このように、不用品回収業者を見つけて交渉するのが良いと思います。なお、もし上述の条件で購入をご希望の方がいらしたら、個別にご連絡下さい。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事