家電付きの賃貸住宅の家電の調達1

NO IMAGE


 前回、前々回の記事で書いた日本インターネットマーケティング協会に正式に入会しました。会員ページにアクセスすると、この協会の前身の団体(一般社団法人になる前)が昨年度開催した計12回のセミナーの映像が見れてしまうことに気付きました。この分の参加費だけでも新年度の会費を上回る額になるのではないかと思います。
 協会の活動について担当者(石田健氏の右腕となっている技術に長けた方)に聞いたところ、インターネットを使った賃貸住宅の入居者募集にも役に立つ内容とのことでした。昨日で締め切りなのですが、実際には、今日の午前中までは申込ができるようです。会費は銀行振り込みかクレジットカードになり、クレジットカードの場合、リボ払いや24回までの分割払いも選択できます。入会方法については、前々回の記事をご参照下さい。
 就学や就職、あるいは結婚等で親元から独立する人達というのは、冷蔵庫や洗濯機といった家電を持っていません。それゆえ、レオパレスのような家電・家具付き賃貸住宅に長期間住む人がいるのでしょう。レオパレスの無い地域では、家電付きの賃貸住宅にすると入居者が付き易いと思います。また、レオパレスがある地域でも、レオパレスの賃料は高いので、普通の賃料で家電付きとすれば、入居者を獲得し易いでしょう。
 私は2物件で家電付きの募集をしたところ、先月、家電付きだからという理由で2物件とも申込がありました。ただ、出費や管理上の問題も生じました。新品のテレビ、電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫を量販店で買ったのですが、販売価格が約8万円で、送料・設置料が約1万円、これに、将来発生する処分費が約1万円、合計約10万円かかります。
 また、商品の受け取りには立会いが必要で、家主、管理会社か入居者が、配送時に現地にいなければならず、面倒でした。
 そこで私が目をつけたのが中古品です。テレビについては地デジ対応の液晶テレビの中古はあまり出回っていないのでそれは新品を買うことにしましたが、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジについては、中古を安く出してくれて、立会い無しで設置してくれる古物商の業者を見つけました。次回に続きます。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事