自分でヤフー、グーグルに広告を出す

NO IMAGE

 コメントありがとうございます。地域によっては広告料3か月が相場というところもあると聞きます。しかし、実際に仲介業者がそれほどの広告費用をかけている訳ではありません。アットホームのB5版の広告を地域・沿線の業者に配る費用は6千円位ですし、B4カラーでも3万円位です。また、アットホーム、ホームズ、スーモといったインターネット広告は料金により掲載枠が決まっているのですが、1物件当たりの費用は千円前後のようです。つまり、実際に仲介業者が負担している広告費というのは賃料の1ヶ月分にも満たないことがほとんどで、宅建業法の報酬規定上1ヶ月分をこえる仲介手数料を取れないことから「広告料」と言っていますが、実際には脱法的な仲介手数料なのです。
 仲介業者や管理会社も大事にしないといけないと思いますが、インターネットを使っている顧客層がターゲットの物件は、家主が自ら広告を出して、管理会社に事務手数料を払って入居者を受け入れたほうが、費用は安く済みます。
 グーグルとヤフーの検索結果の上部と右部に広告が表示されますが、この広告は、個人でもネット上の手続きで簡単に出せます。PPC(Pay Per Click)広告と言われるもので、競合の少ないキーワードを選べば、1クリック10円位で広告を出すことができます。グーグルはAdwords、ヤフーはリスティング広告としてサービス提供されています。
 前回の記事で一般社団法人日本インターネットマーケティング協会の会員募集の紹介をしましたが、この協会は、インターネットによる集客を学ぶというのが趣旨で、アフィリエイトや情報販売といったいわゆるインターネットビジネスのみを対象にしたものではありません。今月のセミナーは医療機関向け営業に成功している社長さんの講演ですし、昨年は金森重樹氏の講演もありました。
 いつまでも広告料を言われるままに払い続けるのではなく、こういう団体を使って自ら入居者を集客する技術を修得したほうが、得だと思います。入会申し込みと支払い期限は今日までです。入会方法は前回の記事をお読み下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事