運転資金の融資を受けました

NO IMAGE

 昨日の記事で、インターネットビジネスDVDのプレゼント情報を書きました。先着500名ですので、興味のある方は早めに申し込まれることをお勧めします。今日は、全国各地で開催されるインターネットビジネスの無料セミナーの紹介をします。一発鑑太郎という収益不動産鑑定ツールを販売している不動産鑑定士補の斉藤さんらが講師を務めます。詳細はこちらをご覧下さい。
 なぜ無料でDVDを配ったり無料でセミナーを開催したりするのか、これもインターネットビジネスの一つの手法なのです。本格的なブログやメルマガもそうですね。なぜ無料で書く人が沢山いるのかと言うと、ビジネスに結び付けているからな訳です。昨日の横山さん、本日の斉藤さんの、まずは無料から入る営業スタイル自体が、インターネットビジネスを志す方にとって参考になることと思います。
 資産を持っていない人にフルローンは出ません。また、フルローンを出さない金融機関も多いです。ですから、不動産投資をするには資産が不可欠です。知識の習得は昨日の横山さん、今日の齊藤さんの無料セミナーで十分かと思いますので、自己資金不足で不動産投資が上手くいない方には、インターネットビジネスについて無料で学ばれることをお勧めいたします。
 さて、本題です。地元に信金が二つあるのですが、そのうち一つとは取引がなく、先に、隣の市の信金と取引をしていました。会社ができてから3年近く経ち、ようやくもう一方の信金から融資を受けました。これで融資取引のある信金は3つになりました。
 金銭消費貸借契約書にて、使途は「手元流動性資金確保」と書かれていて、融資担当者から「何に使ってもいいですから」と言われました。金額は500万円、期間は7年、金利は固定2.6%、神奈川県信用保証協会の保証付きで無担保です。県の制度融資を使ったので、金利が安くなりました。無担保でこの低金利は、プロパー融資ではなかなか出ないだろうと思います。
 保証料が15万円かかるのですが、これは、財務分析結果によって9段階に分けられます。私の場合上から2番目のカテゴリーに入ったので、保証料は比較的安くすみました。抵当権設定がありませんので、他の費用は契約書の印紙代くらいです。
 そもそもなぜこうなったのかと言いますと、不動産取得資金の融資の相談をしたところ、担当者からまずは保証協会付きの融資から
と言われ、保証協会と交渉してくれたのです。次の融資については決算が終わった後で検討してくれるとのことでした。借りたお金をそのまま預金するとともに、現金決済した戸建の家賃をその信金に振り込んでもらい、実績つくりをしようかと思っています。
人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事