税務署が全く文句を言えない所得税・法人税節税法

NO IMAGE

 前回の減価償却費については建物価格が不合理だと税務署に否認される恐れがあるのですが、今回の方法は税務署に一言も文句を言わせません。それは、所得税・法人税の代わりに、不動産購入に伴う登録免許税と不動産取得税を払うことです。
 キャッシュフローを預金のままおいておくと、課税額が多くなります。私は預金をあまり貯めずに不動産を購入します。その際、自己資金で買うと、それに対する登録免許税と不動産取得税は大した額にはならないので、所得税・法人税の節税効果は薄いです。それに対し、フルローンで借りて自己資金は諸費用だけに充てるようにすると、登録免許税・不動産取得税は高額になり、経費が多くなり所得が減ります。
 ゆえに、毎年不動産を買い続ければ、所得税・法人税はあまりかからないのです。では、納税を登録免許税・不動産取得税中心で行うのと、所得税・法人税中心で行うのとどちらが得なのか、次回に続きます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事