元金返済は純資産の増加

NO IMAGE

 不動産投資ではキャッシュフローが重要です。いくら利益が出ていても、税引き後キャッシュフローがマイナスでは倒産してしまいます。しかし、私はあまりキャッシュフローが出ない投資をすることもありますし、本業の収入や不動産のキャッシュフローが多い方は、キャッシュフローをあまり生まない投資をしても良いと思います。キャッシュフローを生まなくても成功といえる投資はあります。
 融資を受けての不動産投資では、ほとんどの場合、毎月元本を返さなくてはいけません。元金均等20年だとすると、借りた額の5%を毎年返済する計算になります。この5%というのは純資産の増加です。融資を受けて不動産投資をすると、金融機関によって強制的に資産の積み立てがなされる訳です。
 私は年間約5千万円、元金返済をして、純資産を増やしています。次々と不動産を買うので出費が多く預金はあまり増えませんが、預金ではなく不動産という形で年間約5千万円の積み立てができています。預金はインフレに弱いですが、不動産はインフレに強いです。これが私の資産形成法です。
 ところで、前回の続編書いたほうがよろしいでしょうか。ご希望の方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事