八千代銀行に断られました

NO IMAGE

 自宅から電車で10分位離れた市内に八千代銀行の支店があるのですが、私の住所は営業区域外ということで、融資申し込みを受け付けてくれませんでした。八千代銀行は元々信用金庫で、信用金庫というのは、公表している営業地域とは別に、各支店の重点地域というものがあり、それを外れると融資してもらえないことが多いのです。八千代銀行の担当は信金時代から勤めていそうなベテラン行員で、信金的発想で、同じ市内であっても電車や車を使わないと移動できないところにいる私の融資申し込みを受け付けなかったのでしょう。
 そこで、隣の市にある支店に行きました。アパートがその市内にありその地域で営業しているという理屈で融資の相談をしました。そこの融資係は第二地銀に改組されてから入ったと思われる若手で、入り口段階で営業地域という話は出ませんでした。そこで、最近、その支店の近くにマンションが売り出されたので融資を申し込みたいと言ったのですが、婉曲的に断られました。財務書類を見て色々と検討してくれたのですが、「所有不動産が遠方に多数あり管理しきれない」というのです。「2,3物件ならば良いのですが」と言われました。確かに、私は神奈川県全域で貸家業を営んでおり、東京にも賃貸マンションを持っています。これらを全部見て回ると言ったら大変なことになります。ある程度規模の大きい銀行ですと、物件近くの支店に業務を依頼するシステムがあり支店網の中であれば融資してもらえるのですが、規模の小さな金融機関になると、担当支店の近くに物件があることが望まれる傾向があります。
 もう一つ、未だ利用していない第二地銀が隣の市にあるのですが、そこは耐用年数に厳しく、RCでも35年マイナス築年数なので、なかなか合う物件が出てきません。あとは、今攻略中の地銀と信金があります。営業エリア内の全ての地銀・信金から融資を受け、「制覇」できるかもしれません。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事