本業のほうが融資は受け易いようです

NO IMAGE

 東京三協信用金庫は、地主が自己所有地上に建てる資金を中心に融資しているのかと思ったら、そうではないようです。田舎のほうではそういうケースもあるようですが、都会では中古の購入資金の融資が中心なようです。ただ、サラリーマンにはあまり貸していないとのことです。不動産賃貸業が本業の事業者に貸しているとの話でした。
 私は二つの信用金庫から融資を受けていますが、両方の信金から、サラリーマンを紹介されても融資は難しいと言われています。私が融資を受けられているのは不動産賃貸が本業で、財務状況が良いからです。
 オリックス信託銀行のように「不動産投資ローン」を掲げてサラリーマンに不動産投資資金を融資している銀行では、私のように不動産賃貸が本業だと融資が通りません。また、他の一般的な信託銀行では、地主の土地活用ならば、高齢の無職者でも、子供が連帯保証人になることで融資が受けられます。その際、子供の属性が重視されるわけではなく、借主が土地を持っていることが重要なのです。そして、アパートローンという商品が無い中小の金融機関では、不動産賃貸事業者への事業性資金融資になりますので、事業実績が需要になります。
 不動産投資というのは不動産賃貸業という事業であり、勤務属性が良いから融資をするという発想をするのは、一部の金融機関に限られます。そして、そういう金融機関はあまり高額な融資をしてくれず、他の金融機関からの借入金が多いとそれだけで断られ易いです。その壁を乗り越えるには、サラリーマンをすぐに辞めるべきとは言いませんが、不動産所得を上げて法人を設立して、サラリーマンが副業で不動産賃貸業が本業と言える状態にして、個人向けアパートローンではなく、法人向け事業性融資を受け、かつ、融資してくれる金融機関を増やすことが必要だと思います。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事