まずは運転資金等の融資を受ける1

NO IMAGE

 中小の金融機関では、いきなり高額な収益不動産の融資を受けたいと飛び込んでも取り上げてもらえないことが多々あります。「まずは預金取引からお願いします」と言われてしまうのです。しかし、預金取引からでは時間がかかりますし、預金したところで融資を受けられる保証はありません。
 そこで私が今進めているのが、信金等からの運転資金の借入です。昨日回答があったある信金は、業種がら運転資金は認められないとのことだったので、修繕費はどうかと言ったところ、それならば検討できるという話になりました。
 貸家業に対する運転資金の考え方は様々あるようで、金融機関によって異なる回答が返って来ます。他の金融機関の回答は、次回以降順次書きますので、お楽しみに。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事