住宅ローンで賃貸住宅を購入する1

NO IMAGE

 アパートローンよりも住宅ローンのほうが審査が緩く、金利も安いです。昨日物件情報が入ってきましたが、1階が2DKで売主居住中、2階がワンルーム3戸で賃貸中という横浜市保土ヶ谷区の賃貸併用住宅です。多分、売主は住宅ローンで取得したのでしょう。自己居住部分が半分(スルガ銀行は3分の1)あれば、住宅ローンの対象になります。賃貸部分については賃料から返せる計算が成り立てば良く、自己居住部分が本業の収入から返済できれば、比較的容易に融資を受けられます。
 このような物件が売り出されると、その物件に住む予定の無い(満室で住むことが不可能な)投資家に住宅ローンを組んでの購入を勧める不動産業者がいます。しかし、そのようなことをすると、住宅ローンを借りた銀行からは、その後融資を受けられなくなります。
 さらに、その不正の事実は、何と、他の金融機関でも分かってしまい、アパートローンを組むのに非常に不利になってしまうのです。どうして分かってしまうのか、次回に続きます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事