融資に通らない典型例とその解決法4

NO IMAGE

 そのような訳で、資産家優遇の地銀には、資産を持っていない人が申し込んでも無駄です。最悪の例は、債務超過の場合です。こうした地銀では、所有不動産について積算ベースで時価評価を出し、負債額と比較します。特に収益物件を融資を受けて購入している人については、既存の所有物件と借入金について厳しく見られます。
 高層マンションや田舎の土地が安い地域のマンションを持っている場合、積算評価が収益還元評価を大幅に下回っていることがあり、それにも関わらず三井住友銀行でフルローンを受けていたりすると、債務超過ということで融資してもらえません。
 対処法としては、既存物件の評価も収益還元のオリックス信託銀行や、評価の甘いスルガ銀行で借入をして、積算評価が売価を大幅に上回る物件(例えば今売出し中のこれ)を買い、トータルで債務超過を解消することです。
 それから、もう一つ、地銀や信金で融資を受けにくい典型例があります。このことは本に書きませんでしたが、金融機関を回っていて強く感じたことです。この例に当てはまる方はかなりいらっしゃるのではないかと思います。ランキングのポイントが4,000になったらすぐに次の記事で書きます。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事