今年・来年購入不動産で節税する方法1

NO IMAGE

 27日(日)のセミナーについて150人からの申し込みがあり満席でキャンセル待ちになりました。増席できないかと今日会場の事務局に連絡したのですが、もっと入る可能性はあるものの担当が休みなので24日にならないと分からないとのことでした。そこで、本日午前中に増席を確認し、募集を再開する予定です。
 ところで、長期所有土地等の1,000万円特別控除の特例をご存知ですか。今年と来年取得した土地を5年以上もった後売却すると、売却益のうち1,000万円が控除されるという制度です。ご存知でない方は、まず、叶税理士の無料レポートを読まれるのが良いと思います。
 この制度、こういう使い方できるんですかね。
 まず、土地付き建物を建物の価格を高目に契約して購入する。例えば、土地1,000万円、建物4,000万円。
 5年以上経ってから、この不動産を建物の価格を低目に契約して売る。例えば、土地3,000万円、建物3,000万円
 すると、土地の譲渡益2,000万円のうち1,000万円が控除され、1,000万円に対して課税される。一方、減価償却を無視すると、建物は1,000万円の売却損なので、土地・建物通算で譲渡益はゼロとみなされ、課税されない。
 本来1,000万円の譲渡益に対して所得税または法人税が課税されるのに、この制度を使えば課税されないので、数百万円節税できる。しかも、年に1回まで使えるようなので、売却時期をずらせばもっと節税できる。
 皆さんどうでしょう。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事