容積率オーバーの物件を安く買う

NO IMAGE

 容積率オーバーの売り物件情報をしばしば目にします。この類の物件は銀行の融資が付かないので通常の物件よりも安く買えます。融資は、ライフ住宅ローンと新生プロパティファイナンスが出します。
 ライフ住宅ローンは競売になることを想定して融資しており、競売になれば融資を受けて買う人は少ないため、銀行融資が付かないことはあまり関係ないのでしょう。新生プロパティファイナンスは更地評価で融資してくれます。こちらは競売を前提とはしておらず、債務不履行になっても任売で解決しようとします。立ち退き費用と解体費用を差し引いた更地評価で融資するので、更地としての任売が可能なので問題ないとの判断なのでしょう。
 既に容積率オーバー物件を持っています。築10年位の任売だったのですが、更地価格から解体費用を差し引いた激安価格で売り出されたのですぐに買いました。今も検討している物件が数件あります。
 注意点としては、建物が建ったままでは売り難いので、建物が新しくても土地値相場を下回る値段で買うことと、土地売りしかできないので長期で持つつもりで買うことです。RCの大型マンションで相場より多少安い程度の物件には手を出すべきではありません。土地値マイナス解体費用で買えるものがあれば良いのですが、RCマンションとなるとそうはいきません。私が買うのは木造の小さな物件ばかりです。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事