やはり勤務先や給与収入よりも貸家業の営業実績が大事

NO IMAGE

 新生プロパティファイナンスの金利についてですが、不動産担保ローンやカードローンの金利というのは●%~▲%のような形で表示されていて、初回取引だと多くは▲%になってしまうのです。なぜ●%にならないのかと質問すると、「それはお取引を重ねた方の金利です」と言われてしまうのです。
 しかし、新生プロパティファイナンスが私に示した金利は●%のほうだったのです。これについて担当者に聞いたところ、営業実績を評価したとのことでした。
 また、先週の金曜日、アパートの融資をしてくれるという銀行の担当者と打ち合わせをしてきたのですが、これまで貸家業をしていないサラリーマンを紹介されても融資はできないと言われました。こちらも、私の営業実績を評価しての融資ということです。
 アパートローンは物件評価と属性評価だとよく言われます。しかし、これは、サラリーマン向けにアパートローンという商品を宣伝している特殊なの金融機関に関しての話です。他の多くの金融機関で問われるのは、勤務先がどうとか給料がいくらかとかいうことではなく、借りる人の資産や貸家業の営業実績です。
 決算書は3期分あると有利です。未だ不動産投資を始めていない方は、まずは数百万円の区分所有投資から始められてはいかがでしょうか。
 3千円で発売中の私のセミナー映像ですが、売れ過ぎです。数百人の方が購入して下さいました。ありがとうございました。予想をはるかに超える反響で、値段が安過ぎたのだと思います。数日中に値上げします。
 私の呼びかけに応じて、この教材のアフィリエイトをして下さっている方が何名もいらっしゃるのですが、「人気ブログランキング1位の石渡浩さん」と紹介されているのに、コメント対応週間を取ったいたらランキングが1位ではなくなってしまいました。これは大変です! 皆様ご協力をお願いいたします。
  ↓
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事