賃貸用の戸建を探す

NO IMAGE

 一戸建ての賃貸住宅というのは数が少ないので、一部のアパートやマンションであるような、1年間以上空いてしまうというような状況は、あまり起きません。仮に同じ地域に、共同住宅を一棟買うのと、戸建住宅を複数買うのとを比較するとすると、空室率は戸建のほうが低くなるでしょう。
 また、賃貸用に適した戸建というのは、敷地面積が100平米以下と小さく、利回りが出るものになりますので、こういう小さい宅地というのは、将来土地売りし易く、単価も上がります。
 このように、賃貸経営面、投資の出口面でも有利な戸建ですが、買うのはなかなか大変です。
 戸建の賃貸住宅というのは、アパートマンションに比べて非常に少なく、従って、賃貸中の戸建が売りに出されるということもあまりありません。それでも、「健美家」は「戸建賃貸」という専用カテゴリーを設けて掲載しています。また、大手不動産業者が加盟している不動産経営流通協会FRKのホームナビは「不動産を買う」の中に「不動産投資物件」というカテゴリーがあり、そこで、「一戸建」を選ぶと賃貸中の戸建を検索できます。ただし、両サイトとも登録数が全国で100件前後であり、賃貸中の戸建情報を探すのは難しいです。
 不動産業者が使っているレインズと呼ばれている業者間データベースでも、マンションやアパートはオーナーチェンジ物件に絞って検索ができるのですが、戸建にはその機能がないため、登録情報を1件ずつ調べないと、賃貸中の戸建を見つけることはできないそうです。
 私は賃貸用に戸建を10戸買いましたが、賃貸中の状況で買った物は一つもありません。全て、空家または売主居住中のものです。うち2件は売主にそのまま住み続けてもらっていますが、それが可能な物件を見つけるのもかなり難しいです。
 そのような訳で、戸建住宅の賃貸経営をする場合には、賃貸中ではない、一般の売り物件から購入物件を探すのが現実的です。私が使っているのは、「Yahoo!不動産」Home’sです。この2サイトで、一般に売出されている中古戸建情報のかなりの部分は網羅されています。
 戸建賃貸経営で大変なのは、高利回りになる物件を見つけることです。私が事業を営んでいる神奈川県内ですと、戸建の貸家の賃料相場は10万円前後のことが多く、高級住宅街や横浜や川崎の便利な地域ではそれを超える水準で貸物件情報が出てはいますが、12万円を超えると借り手がかなり少なくなる恐れがあります。ですから、表面利回り10%前後で賃貸経営しようと思うならば、1,500万円以下の価格帯で物件を探す必要があります。実際に私が買っている値段は500-800万円位です。接道がきちんとしていてその価格帯で売出されている物件は少ないので、2割、3割の指値をして買っている状況です。
 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事