30平米以上の賃貸中区分所有マンションを検索する

NO IMAGE

 専有面積30平米以上の区分所有マンションは住宅ローンが付くので、賃貸中物件を収益還元評価で相場よりも安く買い、空室になったら相場で売却するという投資手法が取れます。これならば、売却損のリスクをあまり心配することなく投資することができます。
 アットホームという不動産情報サービス会社が、投資物件検索サイト「投資at home」を運営しています。ここに掲載できる物件は、原則として元付けとなっている物件に限られます。買い側に仲介業者を立てず、元付け業者に直接連絡をとったほうが、手数料が両方から入るため担当者はやる気になりますし、売主の事情が分かっているので価格交渉もし易いです。
 地域または沿線を選択し、「物件種別」で「マンションなど(区分所有)」を選び、「条件で絞り込む」のところで、「賃貸中の物件のみ」にチェックを入れ、「広さ」を30平米以上に選択肢、「土地権利」で所有権を選択し、「利回り条件」で10%以上を選択します。この利回りは、年間収入/売出価格の表面利回りであり、この条件で検索して、年間収入から管理費と修繕積立金を引いた収益を価格で割ったネット利回りが希望水準になるよう、価格交渉をしていきます。
 次に、「Home’s不動産投資」を紹介します。「収益物件検索」をクリックし、画面下の「絞込み条件の変更」で希望条件を入力します。このサイトでは面積の指定ができないので、検索結果から、30平米以上の物件を選び出して検討します。
 この親サイトHome’sでも収益不動産の検索が出来ます。「買いたい」から「倉庫・工場・その他」の中の「その他」に収益不動産が入っているのです。面積での検索が利きますが、利回りでの検索はできません。金額を指定しないと一棟売り物件が出てしまうので、上限金額を設定すると良いでしょう。検索結果から詳細画面を見ると、表面利回りが載っています。
 次に、2005年のサービス開始以来急速に普及した「健美家」を紹介します。「区分マンション」から検索条件を指定します。表面利回りの指定ができます。面積の指定はできませんが、検索結果画面の「専有面積」欄をクリックすることで、昇順・降順に並び替えられますので便利です。
 私が使っている、多数の不動産業者が情報を掲載しているサイトは以上ですが、他に良いサイトはありますでしょうか。もしお勧めのものがありましたら、コメントして下さい。
 ところで、これだけでは情報源として不足です。というのは、大手業者が元付けの物件情報が、上記サイトには反映されないからです。大手業者はこうしたサイトを使わずに自社ホームページに広告を出し、他業者の広告掲載を禁じているため、各社のホームページを見る必要があるのです。
 野村不動産アーバンネットは利回り条件で検索ができます。三井のリハウスでは利回り検索はできませんが、利回り順や面積順の並び替えが可能です。住友不動産販売では、利回りや面積を条件指定しての検索ができます。東急リバブルでは利回り検索ができ、検索結果を面積順に表示させることが可能です。
 次回は賃貸用中古戸建の探し方を説明しようと思います。賛成の方は人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事