低所得でも融資を受けて不動産投資をするには8

NO IMAGE

 日本政策金融公庫は区分でも戸建でも融資してくれます。しかし、有担保融資の場合は所有権移転後の融資となるので、私の場合、まずは自己資金で区分を購入しました。
 独身というのは連帯保証人になる妻子がいない半面生活費があまりかかりません。ゆえに貯蓄し易いという利点があります。また、学生という身分は仕事をする自由な時間がありますし、奨学金をもらったり借りたりできるので、お金を貯められます。
 特に大学院の奨学金は額が大きいです。私は給与と貸与の両方を受けていました。貸与は日本育英会で、金額は月額10万円位だったかと記憶しています。無利息で返済期間は20年です。この負債は個人信用情報センターに登録されませんので、金融機関には知られません。さらに、有利子の奨学金を併用することもでき、そうするとさらに月額10万円位借りられる訳です。
 現在学生の人が不動産投資を志してこのブログを読んでいましたら、積極的に給与奨学金に応募し、また、貸与についても出来るだけ多くのお金を借りることをお勧めします。特に大学院の育英会奨学金は親の収入ではなく本人の収入が審査基準になるので、大抵の人は借りられます。
 このように、学生は簡単にお金をもらったり借りたりできるので、お金を貯めれば学生でも不動産投資ができるのです。
 ただし、大学と銀行や信販会社とが提携している奨学融資制度の類は気をつけてください。借り入れの事実が個人信用情報に登録されるので、残債があると、収益不動産購入資金の融資を受けるのに不利になります。日本政策金融公庫を使う分には、個人信用情報センターの照会が無いので大丈夫なのですが。
 では、学生でない場合お金をどのように貯めるか、次回述べたいと思います。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事