低所得でも融資を受けて不動産投資をするには2

NO IMAGE

 多くの方の反響を頂きましたので、このシリーズ続けます。
 低所得でも融資を受けて不動産投資をするのに重要なことは、まずは自己資金で事業を始めること、そして、資産を増やすことです。
 フルローンで不動産投資をすると、不動産の購入価格ととほぼ等しい負債が生じ、簿価ベースでは大凡差し引きゼロとなります。しかし、金融機関の関心は、既に持っている不動産をいくらで買ったかではなく、各金融機関の評価基準で、いくらの価値があるかなのです。ゆえに、銀行が評価する時価1億円の物件を7千万円の融資を受けて7千万で買えば、買った瞬間に純資産が3千万円になり、あっと言う間に資産家です。これを4回繰り返せば純資産1.2億円になります。ここまでの資産家になれば、給与収入が少なくても、融資してくれる金融機関は多いのではないでしょうか。
 問題は、低所得の中で1棟目の融資付けをどうするかだと思います。続きを読みたい方は、人気ブログランキングへをクリックして1日お待ち下さい。

日記カテゴリの最新記事